ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『カレンダーから世界を見る』 中牧弘允 | トップページ | サクラサク »

『勇気の季節』 ロバート・B・パーカー

勇気の季節 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
ロバート・B・パーカー
Robert B. Parker
早川書房

おまえがプロになりたいというなら、それもいい。
おれも、おまえが望むかぎり、そばについていてやる。
だが、おれがおまえにボクシングを教えてるのは、いいボクサーにするためじゃない。

じゃあ、いったいなんのために?
おれは、おまえにりっぱな人間になってほしいと思って教えてるんだ。(本文より)

 主人公のテリーはボクシングの練習と、ガールフレンドのアビーが大好きな15歳です。ある日、同じハイスクールに通うジェイソンという少年が浜辺で死体で発見され、学校ではステロイドの乱用が原因の自殺だと説明されたのだが、テリーはそれに疑問を感じたのです。

 テリーがトレーナーのジョージからボクシングのコーチを受けるシーンが何度も出てきたのですが、臨場感があって、思わず引き込まれてしまう感じでした。

 スペンサー・シリーズでも、ジムでボクシングの練習をするシーンがよくあったし、そもそもスペンサーは元ボクサーという設定でしたから、パーカーは相当ボクシングには思い入れがあったのでしょうね。

 テリーとアビーの会話も、微妙な距離感を持ちつつもお互いを尊重し合っている所があって、とてもいい感じでした。こんな会話をできる15歳ってうらやましいです~!

 われらがアウルズ、そしてこの作品はヤングアダルト(YA)向けの作品です。こういうシリーズで書きたいという構想を持ってらっしゃったのではないかと思います。しかし、今年の1月に急逝されてしまい、YA向けは2冊のみとなってしまいました。

 これまでパーカーの作品を読んだことがない方だったら、これから読み始めてみるのもいいかもしれません。こんなさわやかな気持になれる物語って、なかなかないですからね。

1158冊目(今年36冊目)☆☆☆☆☆

« 『カレンダーから世界を見る』 中牧弘允 | トップページ | サクラサク »

海外 小説」カテゴリの記事

コメント

ミステリ読書歴は長いんですが
恥ずかしながらパーカーは読んだ事ありません。
レビューを拝見して読んでみたくなってきました。
チャレンジしてみたいと思います。

バンコランさん☆こんにちは
パーカーの作品はミステリの要素はあるのですが、人間を描く部分がより強調されているように思います。
ぜひ読んでみてくださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/47970299

この記事へのトラックバック一覧です: 『勇気の季節』 ロバート・B・パーカー:

« 『カレンダーから世界を見る』 中牧弘允 | トップページ | サクラサク »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ