ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 欧州の空路がマヒ状態! | トップページ | Foreign Affeairs Report 2010年4月10日発売号 »

『告白』 湊かなえ

 我が子を亡くした中学校の女性教師の告白 から、この物語は始まります。事故死ということになっているけれど、実はこのクラスの生徒に殺されたのだと、そしてそれが誰であるのかを自分は知っているというのです。

 被害者側の視点、加害者側の視点、彼らの家族の視点、クラスメートの視点、同じものを見ているはずなのに、それぞれが全く違うものとして捉えられている所が、この小説の主題であるように思います。

 理想的な人生を作ろうとしているけれど、現実は違っていて、でもそれを認めたくない気持というのは誰しも持っているものです。それとどう折り合いを付けていくのか?は人それぞれです。

 現実と理想の差を認めつつ、細かい事はごまかしていこうとする人。差があること自体を否定する人。自分の都合がよいように事実を曲げる人。見たくないものからは目をそらしていたいというのは人間の本能なのかもしれません。

 この本を読みながら、わたし自身の子供時代の事を色々と思い出しました。

 わたしは子供のころ、親や先生がわたしに対して抱いているであろう期待というものを壊してはいけないなぁと思っていました。だから、出来る限り求められている理想的な子供像を演じていたのです。今思えば、厭な子供ですよ。こういう風にしていれば「いい子」だって評価されるなって計算していたんですから。

 この物語に登場する中学生たちも、多かれ少なかれ、そういう計算をしてましたね。「なんだ、みんなそうなんだ」なんて思っちゃいました。従順なふりをしているけど、腹の底では全然違うことを考えていましたね。

 それぞれが自分を正当化しようとしてますから、どの登場人物も、どこまで本当のことを言ってるのかは定かではありません。それに、嘘をついているという意識もないかもしれないしね。

 人間なんて、みんな勝手で、みんな嘘つきで、みんな小心者なんです。そうじゃないフリをしているか、気が付いていないかだけなんですよ。

 それにしても、みんな孤独ですね。自分の胸の内を打ち明けられる相手が、どこにもいない人ばかり。だから、甘い言葉に騙されてしまう。だから、不幸になってしまう。孤独は人を破壊してしまいます。

 それは決して他人事ではなくて、すべての人にとって自分の事なのに。

 この本は 書評サイト 「本が好き!」 より提供して頂きました。どうもありがとうございました。

1166冊目(今年44冊目)☆☆☆☆☆

トラックバック先
itchy1976の日記
ディックの本棚
本のある生活
じゅずじの旦那
まっしろな気持
苗坊の徒然日記
本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]

« 欧州の空路がマヒ状態! | トップページ | Foreign Affeairs Report 2010年4月10日発売号 »

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

本が好き!・Review Plus」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

事の重大さを誰も認識していないという恐さ。
他人事という無関心さ。

でも決して小説の中だけじゃないんですよね。
現実にはもっと悲惨なことも。

映画ではこの恐さをどう表現するのか、ちょっと楽しみでもあります。

じゅずじさん☆こんばんは
想像力の欠如ってのは実に怖いです。
自由と放し飼いは違うんだってことを分かってない人が多いですもんね。
映画は松たか子さん主演ですよね、どんな仕上がりなのかなぁ?

Rokoさん、こんばんわ。
計算したり、嘘をついたり、ごまかしたり・・。
誰でもつい、そういうことしてしまうと思います。
だからこそ、それが連鎖した時に見えたこの風景に、心が冷えました。

松たか子さん主演の映画、どんな仕上がりなんでしょうね。興味あります。

juneさん☆こんばんは
誰だって嘘もつくし、腹黒いところはあるものですが、ここまで来ると「勘弁してよ!」って感じですね。
ちょっとした行き過ぎが重なると、こんなことになっちゃうのかという所が怖いんですよね。

中学・高校時代を思い出すと、どちらかと言えばあまりよい思い出のないぼくですが、そうはいっても、ここまでこねくり回して悪く描くのか、という感じが拭えませんでした。
ただ、強引に引っ張ってページをめくらせる筆力には脱帽です。

ディックさん☆こんばんは
著者が女性だからここまで書けたんじゃないかと思うんです。
女同士の会話ってかなり黒いですからね~。

人間の心の奥底にある心理は怖いですよね。
自分の中にも潜んでいるかもしれない、
どこかで覚えのある感情……そう思うと、
なんだか余計に恐ろしい。
いろんな意味でコワイ本でした。

ましろさん☆こんばんは
表面上はいい人でも心の奥底はと考えると、怖~いですよね。
それにしても、ここまで書いてしまう湊さんってスゴイ人だと思いますよ!

こんばんわ。TBさせていただきました。
噂どおりの衝撃作ですね。
いろいろ考えながら読みましたけど、みんなが孤独って言うのは確かに!と思いました。

苗坊さん☆こんばんは
孤独はこんなにも人を追いつめてしまうって所が怖いなぁって思います。
表面だけの家族や友達関係って、そんなに多いんでしょうかねぇ?

こんにちは

 TBの返礼&コメントありがとうございました。

 この作品、デフォルメはあるものの、現代の縮図を見ているようで、日本の将来が心配になってきました(笑)。

 ところで、よろしければ、相互リンクどうでしょうか?当方、Links欄に登録させてもらっています。
 

風竜胆さん☆TBとコメントありがとうございます。
こちらからもリンクさせていただきました(#^.^#)
この小説に描かれているような状態を断ち切るには、互いを尊重しあう心、謙虚な心が大事だなって思います。
特に親子の信頼関係って重要ですよね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/48130597

この記事へのトラックバック一覧です: 『告白』 湊かなえ:

» 湊かなえ『告白』 [itchy1976の日記]
告白湊 かなえ双葉社このアイテムの詳細を見る 今回は、湊かなえ『告白』を紹介します。デビュー作の割には読ませる文章力があるし、第1章の衝撃の告白「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたのです。」以降どうなるのかなと思いながら読むことができました。主人公は加害者A,Bを観察し続けたといっても良いでしょう。それで、反省しているかどうか、罪の重さを感じ取ることが出来たかどうかを監視続けた。 章ごとに語り手が違います。被害者の親であり、担任の教師や加害者A,Bやクラスメートの美月やBの... [続きを読む]

» 【告白】 湊かなえ 著 [じゅずじの旦那]
愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたからです…はっきりいって、本音が語られてる怖い話です [:ショック:]  一日一回のポチッ、よろしくお願い致します [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る…警察からは「事故」と判断された中学校で起こった事件。シングルマザーの森口先生の娘がプールで溺死した。ちょっとしたき... [続きを読む]

» 「告白」湊かなえ [本のある生活]
告白クチコミを見る 話題になっていたので、ずっと気になってたのです。やっと予約の列が途切れたようで、図書館の書架に戻ってきたところを借りることができました。 読んでみてその人気も納得。おもしろくて読み始めたら止まらなくなってしまいました。いえ、おもしろ....... [続きを読む]

» 告白/湊かなえ [ディックの本棚]
告白  いつもなら、冒頭で小説の始まりの部分を紹介し、人物や舞台を紹介するのですが、本書はなかなかそういうわけにはいきません。  高等学校の一学期の終業式を終えたホームルームか何かで、女性の先生がクラスのみんなに話をする、その一人称の話し言葉から物語は....... [続きを読む]

» 告白 [まっしろな気持ち]
 内に秘めた憎悪と、密やかなたくらみと。正しさの中におさまらない感情がひたひたとしたたり落ちる。圧倒的な正しさは言うだろう、“憎しみを憎しみで返してはいけない”、“復讐は悲しみしかうまない”と。そんなことはきっと、どこかでわかっているのだ。正しさの理由など深く考えずとも、本能的にわたしたちは知っている。何が正しくて、何が間違っているのか。そして知っている。正しさがすべてではないことも。正しさの中に... [続きを読む]

» 「告白」/湊かなえ [京の昼寝〜♪]
「告白」/湊かなえ(双葉文庫刊) 今までにないタッチの文体と進行。ただただ一人称の世界が、“娘”というキーワードの下にあまりに淡々と語らせて、どんどん深みに落ち込んでいく。嫌がおうにも次のページを捲っている自分に気付く・・・。文庫本になったので、かみさんが買って来てくれたのだが、ページを開くと、びっちり埋められた漢字練習帳のように余白が殆どないページに、恐れることなく溺れていく。ほぼ一人称の世界で綴られていくこの作品は摩訶不思議なテンポと浮遊感を感じ... [続きを読む]

» 告白 [本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]]
 第6回(2009年) 本屋大賞の受賞作で、松たか子主演で映画化もされた「告白」( 湊かなえ:双葉社)。読み終ったらイヤな気持になるミステリーを指す「イヤミス」としても評判の作品だ。  物語は、S中学校の1年B組の終業式の場面から始まった。クラスの担任の....... [続きを読む]

» 告白 湊かなえ [苗坊の徒然日記]
告白クチコミを見る 我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。 ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。 選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた....... [続きを読む]

» 本 「告白」 [はらやんの映画徒然草]
中島哲也監督の映画版もすごいと思いましたが、原作本もさすが本屋大賞をとるだけのこ [続きを読む]

« 欧州の空路がマヒ状態! | トップページ | Foreign Affeairs Report 2010年4月10日発売号 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ