ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編』 花島ゆき | トップページ | 『「秘密の花園」ノート』 梨木香歩 »

『シャーロック・ホームズの冒険』 アーサー・コナン・ドイル

シャーロック・ホームズの冒険

  • アーサー・コナン・ドイル
  • 東京創元社
  • 945円

Amazonで購入
書評

 小学生の時にシャーロック・ホームズに出会い、ほとんどの作品を読んできました。でも、今回読み直してみて初めて気が付いたことがあります。シャーロック・ホームズにとって推理とは、ご飯を食べたり、朝起きたら顔を洗ったりするのと同じ、日常なんですね。

 細かいところまで気が付く観察眼、豊富な知識、そして豊かな好奇心。ダンディな姿につい騙されてしまうけど、頭の中身は少年のまま。事件を解決していくのも、正義感というより、自己満足のためという気持ちが強いような気がします。

 興味があることにはドンドンのめりこんでいくけれど、そうでないことには全く興味を示さないホームズは結構わがままです。

 でも、それが嫌な感じにならないのは、やっぱりホームズの明快な分析力の成せる業なのでしょうね。

 いつもワトソン氏が言われているように、「情報はすべて開示されているのに、大事な部分を見逃している」という所が、ホームズと凡人の差です。

 ホームズがいつも行っている「疑問を持つ、観察する、考える、行動する」という一連の行動は、今日の生活にもそのまま応用できるものなのだと、改めて感心しています。

 この本は 書評サイト 「本が好き!」 より提供して頂きました。どうもありがとうございました。

1191冊目(今年69冊目)☆☆☆☆☆

« 『お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編』 花島ゆき | トップページ | 『「秘密の花園」ノート』 梨木香歩 »

海外 小説」カテゴリの記事

本が好き!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『シャーロック・ホームズの冒険』 アーサー・コナン・ドイル:

« 『お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編』 花島ゆき | トップページ | 『「秘密の花園」ノート』 梨木香歩 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31