ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『「キレない力」を作る50の方法』 中谷彰宏 | トップページ | 『ノーザン・ソングス 誰がビートルズの林檎をかじったのか』 ブライアン・サウソール ルパート・ペリー »

『科学との正しい付き合い方』 内田麻理香

科学との正しい付き合い方 (DIS+COVERサイエンス)
内田 麻理香
ディスカヴァー・トゥエンティワン

科学好きな人は、いつからそうなった?

  • アポロ11号の月面着陸、学研の科学、家で飼っていた生き物、アトム、ガンダム、エヴァンゲリヲン・・・

科学嫌いの原因は?

  1. こんな勉強をして、何の役に立つんだと思った
  2. 理系科目の勉強が苦手
  3. 教える人(先生や親)がきっかけで嫌いになった

 科学が好きな人って、ほとんどが子供のころに何かに憧れたという所から入っているんですね。わたしは科学が得意ではないけれど、嫌いではありません。それはきっと、アトムが好きだからなんだと思います。

 逆に、嫌いになった理由として一番つまらないのが「教える人がきっかけ」というのです。先生が嫌いだからとか、親にうるさく言われたから、なんて理由で嫌いになっちゃうなんてねぇ!

 どんなに科学が嫌いだって思っていても、現代の生活は科学なしには成り立ちません。電気も、インターネットも、化学繊維も、冷凍食品も、世の中のほとんどのものが科学のおかげといっても過言ではないくらいです。

 世の中に科学嫌いの人が多いのって、きっと科学を上手く説明できる人が少ないからだろうって思います。小難しい理屈を並べるんじゃなくて、「ホラ、こんなこともできるんだよ!」という教え方をしてくれたら、きっと興味を持てるはずです。

科学的なものの考え方とは?

  1. 答えが出せないことはペンディングする
  2. 「わからない」と潔く認める
  3. 人に聞くのを恥ずかしいと思わない

 科学的なものの考え方のステキなところは、「答えが出ないことが問題なのではない」って所だと思います。答えが出てしまったら、そこで終わりになってしまうから、「本当は答えがわからなくて、考え続けられる方がずっといいと思っていることもある」という科学者の言葉にはロマンを感じます。

 わからない事があるからこそ考えたり、実験したりするのだし、わからないからこそ誰かに質問するんですよね。わからないことに対する興味が、新しい事実を見つけるカギなのですね。

 新刊JPで紹介されていた本です。

1200冊目(今年78冊目)☆☆☆☆

« 『「キレない力」を作る50の方法』 中谷彰宏 | トップページ | 『ノーザン・ソングス 誰がビートルズの林檎をかじったのか』 ブライアン・サウソール ルパート・ペリー »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/48830521

この記事へのトラックバック一覧です: 『科学との正しい付き合い方』 内田麻理香:

« 『「キレない力」を作る50の方法』 中谷彰宏 | トップページ | 『ノーザン・ソングス 誰がビートルズの林檎をかじったのか』 ブライアン・サウソール ルパート・ペリー »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ