ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 映画 「ストーンズ・イン・エクザイル ”メイン・ストリートのならず者”の真実」 | トップページ | 『たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考』 平野 敦士 カール »

『イタい人にならない自分☆発信力』 原村 和子

イタい人にならない自分☆発信力
 

起きたことはすべて自分へのメッセージ

 はりきって、頑張って、全力投球して、結果イタくなってしまう!(-_-;)

 ああ、思い当たることがあり過ぎて、イタタ~!

 でもね、すべて成功するなんてあり得ないんだから、イタイ目にも合わなきゃダメなのよ。その失敗を糧にして、少しずつ進歩できればいいんだと思うなぁ。

 後は自分らしさをいかに出すかって事でしょうね。同じものを見ていても、それぞれに見ているものが違うのだし、それを伝えるのにどういう手段を取るのか、どう表現するのか、そこがポイントなんだと思います。

 どんなことをするにしても自分軸がブレなければ、それは素晴らしい事なんだと思います。「わたしは、これが好きなんです!」「わたしは、このために生きてます!」という主張ができる人間であること、それが全ての始まりだと思います。

 イタイ体験も、それを学習できればいいんです。恥ずかしがっていたら何にもできません。少しずつ自分のイタさ加減を理解し、修正していくことが、次のステップにつながるんだと信じて行こうと思います。

新刊JP 1160回で紹介されていた本です。

P.S. この本のAmazonキャンペーンで、中谷彰宏さんと原村和子さんの対話データを頂きました。
この中で紹介されていた、ストリートミュージシャンの話がとてもよかったですよ(#^.^#)

1205冊目(今年83冊目)☆☆☆☆

« 映画 「ストーンズ・イン・エクザイル ”メイン・ストリートのならず者”の真実」 | トップページ | 『たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考』 平野 敦士 カール »

ことば・コミュニケーション」カテゴリの記事

日本の作家 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『イタい人にならない自分☆発信力』 原村 和子:

« 映画 「ストーンズ・イン・エクザイル ”メイン・ストリートのならず者”の真実」 | トップページ | 『たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考』 平野 敦士 カール »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ