ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『男一代菩薩道 インド仏教の頂点に立つ日本人、佐々井秀嶺』 小林三旅 | トップページ | 「ルイーサ」 試写会 »

『世渡りの技術 年間生活費50万円は可能だ!』 魚柄 仁之助

世渡りの技術 年間生活費50万円は可能だ!
魚柄 仁之助
ソフトバンククリエイティブ

 世渡り上手といっても、決してズルい生き方をしようなんて事を考えてる訳じゃぁございません。世の中、ちょっと見方を変えたら、さほどお金を使わずに生きていけるんだよというお話です。

 魚柄仁之助さんは、現在は「食文化研究家」なんて肩書が付いちゃってますが、若いころには自転車やバイクを修理して売っていたし、その後には古道具屋さんだったし、「趣味は修理」というくらい、何でも作ってみよう、直してみようって方です。

 最近は自分で何かを直す人って減ってるんですねぇ。スカートやズボンの丈詰めとか、ボタン付けとか、ソックスの穴を繕うとか、わたしはしょっちゅうやってますけど (^^ゞ 世の中ではエコがハヤリだそうですが、修理して使うって廃品回収するよりズゥッとエコだと思うんですけど~?

 このところリストラや失業が毎日ニュースになってますけど、仁ちゃんには関係ないそうです。だって就職したことないんだもの!?

 仁ちゃんのように機械や家具を修理したり、日曜大工をする男子も減ってるんですかねぇ?そういうことができる人って頼りになるし、カッコいいし、仕事にもなっちゃうんじゃないですか?これからは職人の時代だと、わたしは思うんです。サラリーマンの替りはいくらでもいるけれど、腕のいい職人は限られてますからねぇ。

 自分の周りのこと、食事とか洗濯とか、家の修理とかを、昔はみんな自分たちの手でやっていたんですよね。いつ頃からなんでしょうねぇ、外食が増え、何でもクリーニングに出し、お茶をペットボトルで買い、何でもお金で済まそうっていうシステムに鳴らされてしまっているわたしたち。

 仁ちゃんを見習って、自分でできること、お金を出さなくてもできること、習慣でやってしまってるだけで本当は必要ないこと、等々を見直していくと、今よりももっと楽しい生活ができるんじゃないでしょうか!

 まずは、お湯を沸かして麦茶を作りましょうか!

1216冊目(今年94冊目)☆☆☆☆☆

« 『男一代菩薩道 インド仏教の頂点に立つ日本人、佐々井秀嶺』 小林三旅 | トップページ | 「ルイーサ」 試写会 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

食物・喫茶・暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/49240609

この記事へのトラックバック一覧です: 『世渡りの技術 年間生活費50万円は可能だ!』 魚柄 仁之助:

« 『男一代菩薩道 インド仏教の頂点に立つ日本人、佐々井秀嶺』 小林三旅 | トップページ | 「ルイーサ」 試写会 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ