ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

映画 「小さな村の小さなダンサー」

 この映画の原題 "Mao's Last Dancer" が表す通り、この映画のは、国策としてバレエ・ダンサーになるべく英才教育を受けることになった少年リー・ツンシンの物語です。

 11歳で故郷を離れ、たった一人で北京へと旅立つことになったリーの為に、夜なべで布団を縫ってくれた母。毎日真面目に働く父。貧しいけれど仲の良い兄弟。家族の事を思いながら、彼はつらい練習に耐えたのでした。

続きを読む "映画 「小さな村の小さなダンサー」" »

SAKURA TERRACE(名刺と紙製品の博物館)

5

 マイスター、工房ショップ、そして小さな博物館という3つの柱で墨田区の産業PRとイメージアップ、地域活性化を図ろうという「すみだ3M運動」というものが1985年から行われています。

 ですから、墨田区内には小さな博物館がたくさんあるんです。

 その中の一つ、「名刺と紙製品の博物館(サクラテラス)」に初めて行ってみました。

続きを読む "SAKURA TERRACE(名刺と紙製品の博物館)" »

『医師がすすめる50歳からの肉体改造』 川村昌嗣

医師がすすめる50歳からの肉体改造
(幻冬舎ルネッサンス新書)

  • 川村昌嗣
  • 幻冬舎ルネッサンス
  • 880円

Amazonで購入
書評

続きを読む "『医師がすすめる50歳からの肉体改造』 川村昌嗣" »

『なぜ、ノウハウ本を実行できないのか』 ディック・ルー ケン・ブランチャード ポール・J・メイヤー

なぜ、ノウハウ本を実行できないのか―「わかる」を「できる」に変える本
ディック・ルー ケン・ブランチャード ポール・J・メイヤー
ダイヤモンド社

続きを読む "『なぜ、ノウハウ本を実行できないのか』 ディック・ルー ケン・ブランチャード ポール・J・メイヤー" »

「ルイーサ」 試写会

Photo

 朝の7時半から午後3時半まで「安らぎ霊園」で働き、夕方からはスター女優の家で家政婦をしているルイーサ。

 

時計のようにきっちりと時間を守り、楽しみと言えば愛猫のディノと遊ぶ事だけという実に地味な毎日を送る彼女に、ある日突然不幸が束でやって来てしまったのです。

続きを読む "「ルイーサ」 試写会" »

『世渡りの技術 年間生活費50万円は可能だ!』 魚柄 仁之助

世渡りの技術 年間生活費50万円は可能だ!
魚柄 仁之助
ソフトバンククリエイティブ

続きを読む "『世渡りの技術 年間生活費50万円は可能だ!』 魚柄 仁之助" »

『男一代菩薩道 インド仏教の頂点に立つ日本人、佐々井秀嶺』 小林三旅

続きを読む "『男一代菩薩道 インド仏教の頂点に立つ日本人、佐々井秀嶺』 小林三旅" »

iPhoneアプリ「Librarian」

Librarian_1 iPhone用のアプリ「Librarian」は、日本国内の図書館の情報や、書籍情報、図書館の蔵書検索ができrるとっても便利なアプリです。

 GPSで現在位置を確認し、最寄りの図書館を表示してくれるという機能もあります。

 効率の図書館だけでなく、大学や美術館などの図書館の検索も出来るところがステキ!

 webで予約可能な図書館なら、そのまま予約もできるのも便利です!

 ブックマーク機能で、これから読みたい本のリストアップにも使えそうです。

続きを読む "iPhoneアプリ「Librarian」" »

『「バイバイ、ブラックバード」をより楽しむために』

続きを読む "『「バイバイ、ブラックバード」をより楽しむために』" »

映画「借りぐらしのアリエッティ」

Photo

 「床下の小人さん」は、欧米の小説などによく登場するテーマですね。

 人間の暮らしから、色々なものを借りて暮らしているのだけれど、決してその存在を知られてはいけないっていうルールがあるから、決して人間に気付かれたり、見られたりしてはいけないのです。

 昔は大勢いたらしいのだけれど、この屋敷でずっと暮らしている14歳のアリエッティは、自分の両親以外の人を見たことがありませんでした。

続きを読む "映画「借りぐらしのアリエッティ」" »

『江戸の醍醐味』 荒俣宏

江戸の醍醐味
江戸の醍醐味
posted with amazlet at 10.08.17
荒俣宏
光文社

続きを読む "『江戸の醍醐味』 荒俣宏" »

ブログ6周年!

 ホントは8月1日が記念日なんですが、半月も忘れてました (^^ゞ

 最近はちとサボり気味ですが、何とか6年もブログを続けてこられました。

 一応読書が中心ではありますが、映画だの、気になったことだの、色んなことを書いてきました。後になって見直してみると、へぇ、あの頃はそんなことを考えてたんだ~!とか、そんなこともあったねぇ!なんてこともあったり、自分のことなのに他人事のように楽しんでしまうこともあります。

 かと思えば、この頃は辛かったんだねぇ~としみじみすることもあり、記録することの大事さ、楽しさを痛感する今日この頃です。

 わたしの好奇心の続く限り、このブログを続けていくつもりですので、これからも、よろしくお願いいたします。m(__)m

Newhampshire

 ところで、これはアメリカのニュー・ハンプシャー州のナンバープレートなのですが、ここに書かれているのは、この州のキャッチフレーズなんです。

 Live Free or Die (自由を、さもなくば死を!)ってすごい言葉でしょ!

続きを読む "ブログ6周年!" »

保存するメモ帳 abrAsus

 EvernoteGIZMODEで見つけて、とっても気になってたこの手帳をゲットしました!

 この手帳はabrAsus(アブラサス)という名前で、特徴は何と言っても薄いということです。

 A4のコピー用紙を3つ折りにして裏表16ページで使用します。

 全てを書き終えたらスキャンし、データ保存したらまた新しい用紙をセットという使い方が提唱されています。

続きを読む "保存するメモ帳 abrAsus" »

『バイバイ、ブラックバード』 伊坂幸太郎

バイバイ、ブラックバード
伊坂 幸太郎
双葉社

続きを読む "『バイバイ、ブラックバード』 伊坂幸太郎" »

映画「オーケストラ」はすごい人気なんですね!

 5月に観た映画「オーケストラ」はとっても面白い映画なんですが、いつの間にか口コミで評判が広がり、大ヒットのきざしです!

 7月に「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち」を観に行ったBunkamuraル・シネマでは、同時に上演されていた「オーケストラ」に長蛇の列だったのにびっくりしたんですよ。

 

シネスイッチ銀座では、8月14日(土)~8月27日(金)の2週間限定でアンコールロードショーを行うんだそうです。

 もし、お盆休みにどんな映画を観ようかな?と考えている方がいたら、この映画を是非お勧めしちゃいます!

『リアル 7・8』 井上 雄彦


続きを読む "『リアル 7・8』 井上 雄彦" »

『なぜあの人は仕事ができるのか』 中谷彰宏

なぜあの人は仕事ができるのか
中谷 彰宏
ダイヤモンド社

続きを読む "『なぜあの人は仕事ができるのか』 中谷彰宏" »

『「上司が無能」で「部下がバカ」なのには理由がある』 可兒鈴一郎

続きを読む "『「上司が無能」で「部下がバカ」なのには理由がある』 可兒鈴一郎" »

『道徳という名の少年』 桜庭一樹

道徳という名の少年
道徳という名の少年
posted with amazlet at 10.08.01
桜庭 一樹
角川書店(角川グループパブリッシング)

続きを読む "『道徳という名の少年』 桜庭一樹" »

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ