ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『江戸の醍醐味』 荒俣宏 | トップページ | 『「バイバイ、ブラックバード」をより楽しむために』 »

映画「借りぐらしのアリエッティ」

Photo

 「床下の小人さん」は、欧米の小説などによく登場するテーマですね。

 人間の暮らしから、色々なものを借りて暮らしているのだけれど、決してその存在を知られてはいけないっていうルールがあるから、決して人間に気付かれたり、見られたりしてはいけないのです。

 昔は大勢いたらしいのだけれど、この屋敷でずっと暮らしている14歳のアリエッティは、自分の両親以外の人を見たことがありませんでした。

 小さな人たちだから、屋敷や庭にあるものは、どんな物もものすごく大きいんです。ハーブの葉っぱ一枚だって、自分の身体と同じくらいだし、角砂糖1つだって両手で抱えなければ持てないくらいの大きさです。

 ネコだってとっても大きくて、まるで猫バスのような大きさに見えてしまいます。

 アリエッティの家族が住んでいる家の中にあるものは、きっと全部手作りなんでしょうね。昔はわたしたち人間だって、大抵のものは自分たちで作っていたのに、いつごろからでしょうか、何でもお金で買うものだらけになってしまいました。

 自給自足で暮らしているアリエッティの家族のような生活は、実にエコな暮らしですねぇ。自分の手で作り出すものがない暮らしって、便利な用でいて、実はとても味気ないものなのだと思えてきました。

 スピラー君の声の出演をしてるのが藤原竜也なんですが、スピラーくんと竜也くんがそっくりじゃありませんか?とっても気になっちゃいました。

 家にいる小人さんのことを考えていたら、キングの「神々のワードプロセッサ」の事を思い出してしまいました。

 アリエッティのような可愛い小人さんたちが、我が家にもいたらいいなぁ!

 この映画の公式サイトは → こちら です。

« 『江戸の醍醐味』 荒俣宏 | トップページ | 『「バイバイ、ブラックバード」をより楽しむために』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/49187390

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「借りぐらしのアリエッティ」:

« 『江戸の醍醐味』 荒俣宏 | トップページ | 『「バイバイ、ブラックバード」をより楽しむために』 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ