ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『「上司が無能」で「部下がバカ」なのには理由がある』 可兒鈴一郎 | トップページ | 『リアル 7・8』 井上 雄彦 »

『なぜあの人は仕事ができるのか』 中谷彰宏

なぜあの人は仕事ができるのか
中谷 彰宏
ダイヤモンド社

「はい、わかりました」を、明るく言うだけで、楽しくなる

 「笑う門には福来る」と言いますが、確かに明るい人、笑顔の人には自然と惹かれるものですよね。相手に対して良い印象を与えるだけでなく、自分自身にとっても明るさって大事なことです。明るくしていると気分が良くなるし、やる気が湧いてきます。

 同じ返事をするにしても、低い声で「はい」と言うよりも、明るく大きな声で「ハイ!」と答えてくれたら、それだけで「いい人だなぁっ!」って思っちゃいます。

 他人がやっていることには気付くのに、自分ではできないって何故なんでしょうね?自分だけは特別だって思ってるんでしょうか?それとも、自分は出来てるって思い込んでいるだけ?ウーン、そんなあなたのことをビデオで撮って見せてあげたい!モジモジしているのってカッコ悪いよ~!!

自分の夢がある人は、他人の夢に寛大になれる

 何か変わったことや新しいことをしようとすると、必ず「何でそんなことするの」と言って邪魔をする人がいます。なるほど、そういう人って夢を持っていなかったんですね。だから人がやってることに何でもケチを付けるのかぁ、本人は気付いていないけど、そこには嫉妬が混ざっているのかもしれませんね。

 自分の夢がしっかりとある人は、自分の夢のために忙しい毎日を過ごしているから、人の夢にケチを付ける暇なんてないですよね。夢がなくて暇ばっかりある人は悲しいなぁ。人の夢も自分の夢と同じように考えられる人は、あらゆる意味で寛大になれるのですね。この差はとても大きいなぁ!

 この2つのテーマは、仕事だけでなく、生きていくのにとっても大事なことだと思います。

 毎日を前向きに生きていけるかどうかって、こういうところに秘密があるのだなぁって思いませんか?

1210冊目(今年88冊目)☆☆☆☆☆

« 『「上司が無能」で「部下がバカ」なのには理由がある』 可兒鈴一郎 | トップページ | 『リアル 7・8』 井上 雄彦 »

日本の作家 な行」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜。
 そういう本でしたか。買おうかどうしようか迷っていたところでした^^
確かに、大きな声で「はい」というのは大事ですよね。すっかり忘れておりました。最近はマンツーマンで家庭相手の営業が多かったので、ついついおろそかになっておりました。逆に「だいじょーぶ、いいですよ〜」という妙な癖がついているのにも気がつきました。
 慣れって怖いですよね。
 

樽井さん☆おはようございます
本当に基本的なところを忘れがちなんですよね (^^ゞ
「そんなこと分かってるさ!」という思い込みって怖いです。
こんな世の中だからこそ、「元気があれば何でもできる!」って気持ちが大事だなぁって思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/49071145

この記事へのトラックバック一覧です: 『なぜあの人は仕事ができるのか』 中谷彰宏:

« 『「上司が無能」で「部下がバカ」なのには理由がある』 可兒鈴一郎 | トップページ | 『リアル 7・8』 井上 雄彦 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ