ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『Band of Joy』 Robert Plant | トップページ | 『一九八四年[新訳版]』 ジョージ・オーウェル »

『頑固のすすめ』 大橋巨泉、王貞治

頑固のすすめ
頑固のすすめ
posted with amazlet at 10.09.22
大橋 巨泉 王 貞治
角川書店(角川グループパブリッシング)

 わたしが子供のころ、スポーツ選手と言えばONでした。今だったらサッカーやバスケットやスケートの選手に憧れる子もたくさんいるけれど、当時は野球しかなかったんです。キャッチボールや三角ベースでの野球は、そこかしこでやってました。

 天真爛漫な長嶋さんのと、真面目な王さんのONコンビは、本当に両極端で面白い組み合わせでした。日本中の野球少年は、彼らに憧れ、いつかはあんな風に活躍したいという夢を持っていました。

 要するにアメリカは、打ちゃいいんですよ。打ち方は関係ない。日本は打ち方から入るから。結果を見て、「おまえ打てるからいいじゃないか。そのまま行け」とは言わないんです。「おまえの打ち方はこうやりゃもっとよくなる」とか言って、結局、悪くしちゃうんです。長所をつぶしてしまうことが多い。(王)

 王さんは、やっぱり分かってる人なんですねぇ。何でも型にはめようとする日本のやり方じゃ、飛びぬけた選手は現れないってことを、ちゃんと分かってます。一人一人違う人間なんだから、それぞれが個性を発揮して、得意なことを伸ばしていけばいいんだってね。

 人間、運の総量は同じ(巨泉)

 巨泉さんはTV界であれだけ人気を博していたのに、突然セミリタイアすると言い出した時にはビックリしました。でも、その理由を聞いてみると、なるほどなぁって思えます。今、調子いいからって調子に乗り過ぎちゃいけないよって考え方をする方だったんですね。

 これに関してはビートたけしも同じことを言ってました。「自分の運には限りがあるんだから、賭け事や下らないことに使っちゃ、もったいないよ」ってね。それを分かっているかどうかが、大きなことをできるかどうかの差なのかなぁと思います。

 高度経済成長を続けていた昭和の時代、一生懸命に働いてお金を稼いで、家や車を買ってという時代に、巨泉さんは全く違う方向を向いていました。働くばっかりじゃなく、趣味を楽しもうよ、スポーツも、エンターテイメントも、賭け事も、世の中には楽しいことが沢山あるんだから、いろいろやってみようよ!ってね。

 今では伝説になってしまった(!?)11PMは、巨泉さんの趣味そのものでした。ゴルフ、フィッシング、麻雀、お酒、ジャズ・・・大人になったら、こんなに楽しいことがあるんだなぁって、子供の頃のわたしは憧れ半分で見ていました。そういえば、由美かおるのTVデビューはこの番組でした。

 王さんと言えば、真面目な努力家というイメージがありますが、そこにはお父様の影響が大きかったんですね。日本というよその国へやってきて、そこで生きていくためには「技術を身に着けなければ」「日本人に手を上げてはいけない」というような信念を子供たちに伝えてきたのです。

 そんなお父様の信念を正しいと信じた王さんは、ご自分の信念を貫き通されています。日中国交回復の後、台湾のパスポートではアメリカへ行けないという事態になりました。台湾籍の方の多くが帰化された時に、王さんだけは台湾籍を変えませんでした。

 「どうして?」と巨泉さんに聞かれた王さんは、こう答えたのだそうです。

 「私は日本でいちおう成功して、どこへ行くんでも外務省の方でちゃんとしてくれるから、今のパスポートで不自由しない。台湾では、王貞治は台湾の人なんだと考えている少年がたくさんいる。でも、ニュースで『王貞治、日本に帰化』と出たら、全員、台湾の少年の心が傷つく。私がちょっとこっちで不便すればいいことなら、台湾のままでいます。」

 いかにも王さんらしい選択です。

 王さんには3人お嬢さんがいて、理香さん、理恵さん、理沙さんと、3人とも「理」という字が入っています。何故同じ字を使ってるの?と巨泉さんが聞いたことがあるのだそうです。

 この「理」という字には「おまえの里は王だよ」という意味が込められているんです。

 これもまた、王さんだなぁってエピソードですねぇ。

 王さんも巨泉さんも、わたしにとって憧れの人です。まったく違うタイプだけど、どちらも頑固に自分の考えを通すという所に命を懸けているところがステキなんだなぁと、再確認してしまいました。

1225冊目(今年103冊目)☆☆☆☆

« 『Band of Joy』 Robert Plant | トップページ | 『一九八四年[新訳版]』 ジョージ・オーウェル »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

子供の頃に大人に憧れるということが今の子供にあるんでしょうか?そんな憧れる大人に自分がなっているのでしょうか?
文化が子供寄りになってしまったのはいつからなんでしょうか?
だけど遊びたい大人が増えているのも事実。趣味と仕事を楽しんでいる大人が結構いますよね。

あ~広がりすぎてどうしようsign01

ゆみりんこさん☆こんにちは
趣味も仕事も全開でというのが理想ですねぇ!
趣味のない生活なんて考えられないもの。

それにしても、わたしにとっての憧れの大人って、みんな男性ばっかり、憧れの女性がいないのは何故なんだろう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/49521555

この記事へのトラックバック一覧です: 『頑固のすすめ』 大橋巨泉、王貞治:

« 『Band of Joy』 Robert Plant | トップページ | 『一九八四年[新訳版]』 ジョージ・オーウェル »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ