ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 亀戸天神菊まつり | トップページ | 「ミステリー・オブ・サンバ」試写会@UPLINK FACTORY »

『ボクらの時代 ロングヘアーという生き方』 みうらじゅん 高見沢俊彦 リリー・フランキー

ボクらの時代 ロングヘアーという生き方

ボクらの時代 ロングヘアーという生き方


posted with amazlet at 10.10.25
みうらじゅん 高見沢俊彦 リリー・フランキー
扶桑社

Amazon.co.jp で詳細を見る

 

 

 この3人の共通点はロングヘアーだけじゃなくって、ロックだったり、阿修羅だったり、かなりマニアックなところで息が合ってます。

 3人がTV番組の為に対談してるんですが、TVでは放送できないようなことばっかり話していて、その結果本を出すことになったって感じなのかなぁ?とにかくメチャ可笑しいです。

(リリー)変態の人って、ぜったい行儀が良くてやさしいんですよ。やさしくないとできないですから、変態は。
(みうら)アブノーマルの人って、ノーマルを知ってるからアブノーマルなんですよね。
(リリー)だから、ノーマルのときはちゃんと・・・たとえば、ここに変態の女の人が一人いたとして、「高見沢さん先輩だから」とか気を使えるのは変態だからですよ。ノーマルをちゃんとわかってるから。変態じゃない人は、日常からアブノーマルですからね。
(高見沢)そうか、そこに境目がないから。
(みうら)無礼ってやつですよね。
(リリー)ただの品が悪いってやつですよね。
(高見沢)いいんだか悪いんだかわかんないですけど。
(みうら)アブノーマルもノーマルも多数決なだけですからね。その時代によって数がちがってるだけのことですからね。

 アハハ、こういう事を真面目に話してるロンゲおやじ3人っていいですわぁ。

 この3人の話が面白いのは、みんな「素直」だからなんだと思うんです。どっちにしようかと迷ったら、必ず自分が好きなことの方を選んでる。気になったことについてはトコトン掘り下げてみる。そして、いつも変な事ばっかり考えてる!

 こういう自由さっていいなぁと思います。世間に合わせなきゃとか、流行に乗らなきゃなんてことはこれっぽちも考えてない。「天上天下唯我独尊」なんだなぁ、3人とも。

 自分が信じているカッコいい事について語り、それを尊重しつつ会話が進むっていいなぁ~。女3人だとこうはいかないのよねぇ (-_-;)

1234冊目(今年112冊目)☆☆☆☆☆

« 亀戸天神菊まつり | トップページ | 「ミステリー・オブ・サンバ」試写会@UPLINK FACTORY »

日本の作家 た行」カテゴリの記事

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 亀戸天神菊まつり | トップページ | 「ミステリー・オブ・サンバ」試写会@UPLINK FACTORY »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31