ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 船橋屋とスカイツリー | トップページ | 『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン 人々を惹きつける18の法則』 カーマイン・ガロ »

映画 「トイレット」

Photo

 お母さんが亡くなって、残されたのは兄妹3人と、猫の「センセー」と、母親の母親である「ばーちゃん」。

 英語がまるで分らないばーちゃんとどうコミュニケーションを取っていいのかわからずに悩む3兄妹。彼ら自身にも、それぞれに悩みや問題があるんです。

 モーリー君が作るスカートの柄が可愛くってウフフだし、ばーちゃんが作る餃子が美味しそうだし、オタクなレイ君の髭の剃り方とか、勝気だけど家族思いなリサのエアーギターとか、一つ一つは小さなものなんだけど、それが集まることによって、不思議な空気が生まれていました。

 かもめ食堂 とはまた違う世界だけど、どこか似ている暖かくて、おだやかで、ちょっと変なところが、この映画の魅力なんだと思います。

 モーリー君が引っ張り出したお母さんの形見のミシン、古いシンガーなんですけど、これに魅了されてしまうモーリー君の気持ちよく分かるなぁ。子供の頃にお母さんに作ってもらった服の思い出、こういう思い出を持っている彼は幸せですよね。

 レイ君の同僚のインド人青年、彼もなかなかいい味出してましたね。

 心がトゲトゲしちゃったら、是非この映画でゆったりした気持ちになってくださいね。

 トイレットの公式サイトは → こちら

トラックバック先
日々の書付
京の昼寝~♪
みかんのReading Diary♪

« 船橋屋とスカイツリー | トップページ | 『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン 人々を惹きつける18の法則』 カーマイン・ガロ »

映画」カテゴリの記事

コメント

同じ日に私も見ました。ばーちゃんの財布がすごかった!一体何枚入ってるんだろ?100$札。アメリカでは余り見ない100$札。
こういう老人を目指している私です。

3000$の使い道でPCを前に悩むレイが可愛かったな…。
モーリーのスカート生地はかもめ食堂のときに使っていた衣装の柄に通じてましたね。
荻上さんの映画はハズレなしです。

ゆみりんこさん☆あのお財布、凄かったわねぇ~!
言葉は分からなくても伝わるものがあるから、家族が一つになれたのよね。
あのスカートの柄は、やっぱり北欧風(#^.^#)
謎のおばさんの服も良かったわぁ。

観ました!「トイレット」
ばーちゃんの存在感がすばらしかったです。
結局、ばーちゃんの存在は謎のままでしたが、兄妹たちとの絆は本物だったのでしょうね。ばーちゃんのたった2つだけの台詞がぐっときました。

もたいまさこさんの服は、かもめ食堂もトイレットも、同じスタイリストさんが手がけられたそうです。モーリーくんのスカートもかわいいプリントでしたね。

日月さん☆こんばんは
みんな悩みを持っていて、それを1人で抱え込んでしまっていたんですよね。
ばーちゃんの存在が、3人を優しく包んでくれたんだなぁって思います。
もたいさんは、やっぱりスゴイですね~!(#^.^#)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/49735301

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「トイレット」:

» [映画] トイレット [日々の書付]
「かもめ食堂」、「めがね」の荻上直子監督ともたいまさこさんがタッグを組んだ映画「トイレット」 アメリカのとある街。母親を亡くした3兄妹に残されたのは、家とセンセー(猫)と、母が日本から呼び寄せた「ばーちゃん」だった。 まったく言葉が通じないばーちゃんと、クセのある兄弟たちとの生活。 パニック障害を患い、4年間外に出なかったピアニストのモーリー、オタクのレイ、生意気な大学生のリサ。 バラバラだった兄妹がばーちゃんとの生活を通じて少しずつ前に進もうとする。 なんといっても、もたいまさこ... [続きを読む]

» 『トイレット』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「トイレット」□監督・脚本 荻上直子□キャスト もたいまさこ、アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、デビッド・レンドル、サチ・パーカー■鑑賞日 8月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感...... [続きを読む]

» DVD『トイレット』 [みかんのReading Diary♪]
nbsp;プラモデルオタクのレイ、引きこもりピアニストの兄モーリー、エアギターで自己実現のアイデンティティーを保っている大学生の妹リサの三兄弟は、人生は退屈の繰り返しに耐えることだと信じて疑わなかった。しかし、生前母親が日本から呼んだばーちゃんとの日々を過ごす中で、三兄弟の心に少しずつ変化が起こり始める。(シネマトゥデイ)  (2010/日本)nbsp; オススメ♪... [続きを読む]

« 船橋屋とスカイツリー | トップページ | 『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン 人々を惹きつける18の法則』 カーマイン・ガロ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ