ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 映画 「ノーウェアボーイ」 | トップページ | 『最後の授業 心をみる人たちへ』 北山修 »

『未来は、えらべる!』 バシャール、本田健

未来は、えらべる! バシャール 本田健
未来は、えらべる!
posted with amazlet at 10.11.13
本田 健 ダリル・アンカ
ヴォイス
 

 (バシャール)最初のうちは、自分を疑ってしまう。なかなか信じられないというのはわかります。けれど「すべての人が情熱にしたがってうまくいくのに、私だけはダメだ」という考えにずっと固執しているのは、自分だけにスポットライトを当てているのと同じなのです。これは謙虚とは、まったく逆の姿勢です、わかりますか?

 (健)おもしろいですね。自分は、特別にダメで、救いようがない「選ばれて不幸なもののプライドが許さない」ということでしょうか。

 (バシャール)そうです。彼らは、みじめであることを選択しているのです。(本文より)

 日本人は謙虚であることを美徳としていますが、本来それは「できるのにひけらかさない」ということであったはずです。ところが、それを知らない人は「自分がいかにできないか」を説明することを謙虚だと思ってしまっています。こういう人の話は無駄に長いし、聞いていてツライばかりです。

 「やりたいと思っているのにできない」理由って何なのでしょう?

 環境が許さないから?お金がかかるとか、家族に迷惑がかかるとか、時間がないとか、今更とか、人に笑われるからとか、いろんな理由をこねくりまわすけど、結局は自分の可能性を信じていないからなんじゃないかなぁ?

 「やりたいと思ったら、とりあえずやってみる」って大事だと思うなぁ!

 やってみて、自分には向いてないなぁと感じるなら止めればいいし。最初は全然できなくても、何だか楽しい!とか、できなくて悔しい!って思えるようなら、きっと続けられるもの。

 やらないでいて、後で後悔するのが一番つまらない事だとわたしは思うんです。

 人間ってね、無限の可能性をみんな持ってるんですよ。それを使わず終いにしてしまったら、もったいないでしょ。「下手の横好き」でいいじゃない。好きなことに没頭できるって本当に幸せな事だもの。

 不幸だったあなたは、現在のあなたと同時に存在しています。でも、「このあなた」は「あのあなた」では一度もなかったのです。また、「あのあなた」は、決して「このあなた」ではないし、これからもなることもありません。
 「いまのあなた」は「あのときのあなた」とは別の人です。

 人間は変われるんです、いつからでも、どこからでも。変わろうと思うかどうか、その差だけなのです。変わろうとした時から別の人に生まれ変わるんです。生まれ変わってしまうと、昔の悲しかったことや辛かったことは少しずつ薄まっていきます。

 あの辛かった自分は、頑張った自分、よくやった自分、という思い出になります。だから、後になってからグチをこぼそうなんて気にはならないのです。そんなヒマがあったら、他にやりたいことが沢山あるんだもの。

 この本を読んでいて、背中をポンと押されたような気持になりました。人間の可能性は無限大なのだと、信じて行きたいと思います。

1242冊目(今年120冊目)☆☆☆☆☆

« 映画 「ノーウェアボーイ」 | トップページ | 『最後の授業 心をみる人たちへ』 北山修 »

日本の作家 は行」カテゴリの記事

心・脳・身体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/50020554

この記事へのトラックバック一覧です: 『未来は、えらべる!』 バシャール、本田健:

« 映画 「ノーウェアボーイ」 | トップページ | 『最後の授業 心をみる人たちへ』 北山修 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ