ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『妻の超然』 絲山秋子 | トップページ | 『幸せセラピー』 斎藤一人 »

『アイデア鉛筆』 渡邊 健太郎

アイデア鉛筆 たった一振りでチャンスをつかむ面白発想法
渡邊 健太郎
日本能率協会マネジメントセンター

 アイデアが出なくて悩むことって良くあります。頭の中だけで色々考えてみても、どうにも煮詰まって次の手が見つからないんですよね。そんな時に、誰かに話してみたらヒントが見つかったとか、ふと手にした本にヒントがあったとかってこともあります。

 でも、どうしても1人で考えなければならないこともあるし、本の中にもヒントが見つからないってこともあります。そんな時にどうすればいいのか?

 鉛筆にマーク(+、-、×、÷、@。∞)を付けて転がしてみれば?と著者は言っています。アイデアに足し算をしなければいけないのか?引き算をしなければいけないのか?それとも?それを運にまかせてみようというのです。

 分からないことは調べようというのも1つの考え方です。インターネットのおかげで調べ物は本当に便利になりました。でも、便利なだけでいいのでしょうか?

 インターネットで知ることができるのは過去の知識だけです。それを知るのもいいけれど、それだけでは全く新しいアイデアは出てきません。

 じゃぁ、どうすればいいのか?

 自分の頭で考えること、自分の肌で感じること、それしかないのです。

 鉛筆を転がして発創するというという作業を通して、これまでになかったものを創り出すのです。

 これまでに誰かが考え出した方法が、どんなに普及していようと、それが一番正しい方法だとは限らないのです。あーだ、こーだと考え抜いて、今までにない方法を見つけ出せたら、それこそが新しいアイデアなのです。

 Don't think, Feel !

 1254冊目(今年132冊目)☆☆☆☆

« 『妻の超然』 絲山秋子 | トップページ | 『幸せセラピー』 斎藤一人 »

Life Hacks・Web」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/50360124

この記事へのトラックバック一覧です: 『アイデア鉛筆』 渡邊 健太郎:

« 『妻の超然』 絲山秋子 | トップページ | 『幸せセラピー』 斎藤一人 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ