ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 映画 「サウンド・オブ・ミュージック」 | トップページ | 『ノマド出張仕事術』 上田 渉 »

『正しいパンク・バンドの作り方』 嶽本 野ばら

ROCK’N’ROLL SWINDLE  正しいパンク・バンドの作り方
嶽本 野ばら
角川グループパブリッシング

 パンク・バンドを作りました。バンド名は DRAWERS といいます。

 嶽本野ばらさんの小説には、よくロック・バンドが登場します。だからロック好きなんだろうなぁとは思っていたけど、ここまでパンク好きとはねぇ!

 よーし、本格的なパンクバンドを作るぞ~と企んだ野ばらさんですが、実はギターを弾けません。でもギターを弾きながら歌った方がカッコいいよと言われたら、すぐその気になってしまうあたり、実にいいノリです!

 ちゃんとギター教室に通っちゃうあたりも可笑しいけど、「ギターを弾けるようになるには、先生に習うよりも、バンドを作っちゃう方が早道だ」なんて言ってしまうあたり、心は既にロッカーですね。技術はないけどセンスはあるぞ~ってところに妙に惹かれてしまいました。(#^.^#)

 自分のギターが下手でどうしようなんて悩みを告白したりもするのですが、「そんなん問題じゃない!野ばらちゃんという個性が大事なんだ」とメンバーから励まされ、もっと自信を持っていいんだということに気付く野ばらちゃん、俄然やる気が湧いてきます。

 テキトーやからパンクなんやん。そこまで真剣に練習したら、メタルの人みたいやで

 色んな問題が続出しましたが、とにかくライブまでこぎつけた DRAWERS 、思いっきりはじけちゃったねぇ~!パンクだねぇ~

 今後の活動も楽しみにしてますよ、野ばらちゃん!

1261冊目(今年2冊目)☆☆☆☆☆

« 映画 「サウンド・オブ・ミュージック」 | トップページ | 『ノマド出張仕事術』 上田 渉 »

日本の作家 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/50515931

この記事へのトラックバック一覧です: 『正しいパンク・バンドの作り方』 嶽本 野ばら:

« 映画 「サウンド・オブ・ミュージック」 | トップページ | 『ノマド出張仕事術』 上田 渉 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ