ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 映画 「ムサシ」 | トップページ | Sound of Music | Central Station Antwerp (Belgium) »

『俺のロック・ステディ』 花村 萬月

 ブルースは三連だ!

 三連のシャッフルのリズムの代表曲として、Deep Purple の Black Night が挙げられているのには、物凄く納得!「タタタ・タタタ・タタタ・タタタ」ってイントロは印象的だもんね!

 花村さんはブルース好きで、パンクは分からないと言い切ってしまう人で、この前読んでいた嶽本野ばらさんとは正反対の人なんですが、どちらにも共通しているのは、「自分はこれが好きなんだ!」っていう情熱です。

 自分の好きなものをきっちりと持っている人っていいですよ!

 ブルース好きだといっても案外守備範囲は広くて、グラムロック好きって所が嬉しいなぁ!Alice Cooper の School's Out が好きなんて人なかなかいないもの。わたしもこのLP持ってたから、すっごく嬉しい!

 T・Rex はアルバム単位では大したことないけど、シングル・カットした曲はどれもいいって意見に納得!

 男が化粧するということは、じつはロックのある本質なのではないか。そんな気もする。ただし、化粧が許されるのは美男子のみである。だからマリリン・マンソンは、自身のメイクを怪奇趣味的方向にむかわせるしかないのだ。

 これにも超納得!こういうことを言ってくれる人ってなかなかいないのよ。ロックといえば音楽的技術論をする人が多い(この本でもモチロンそういう事も多く語っているけど)でしょ。でもね、それだけじゃないのよ。

 ロックは見た目が大事!カッコいいとか、超怖いとか、ステキーとかってのがなけりゃいけないの!そういう部分を無視しちゃロックは成り立たないの!

 ロックに惹きつけられるのは理屈じゃなくて感情なのよね。クラシックやジャズにもそういうところはあるけれど、ロックはもっと情動的なんだと思います。そういう感情がなくなっちゃったら、それは歳とったってことになるのかなぁ?

 花村さんの本を読めって、ある友達から薦められていたのに、まだ読んだ事がなかったんだけど、この本を読んでみて、小説も読んでみたいなぁって気持ちになりました。

 ロック好きだったら、絶対にこの本を読んでね!超お勧めです!

1263冊目(今年4冊目)☆☆☆☆☆☆

« 映画 「ムサシ」 | トップページ | Sound of Music | Central Station Antwerp (Belgium) »

日本の作家 は行」カテゴリの記事

新書」カテゴリの記事

音楽が聞こえてくる本」カテゴリの記事

コメント

年末に映画「20世紀少年」を3本まとめて観ました。主題歌、T・REXの「20th Century Boy」のギターをコピーしました。簡単です。Eのコードをじゃーんと弾いて、あとは5弦と6弦だけです。シンプルだけどかっこいい。

昔、アリス・クーパーをゴルフ場で見かけたことがあります(自慢?)。普通のオジサンをやっていました。ゴルフの腕前はかなりのものです。ヘビはいなかった。

20世紀少年と一緒に、ルー・リードのDVD「ベルリン」も観ましたよ。

***

三鷹の隠居さん☆こんばんは
「シンプルだけどかっこいい」ってのが決め手ですよね!
リフ一発で心奪われてしまう、それがロックです(^^)v

わたしは昨年末に見た映画のジム・モリソンにロックを感じました。
理屈じゃないカッコよさってのがロックの神髄だと思ってるので、そういうカリスマ性に最近出会ってないなぁって思ってます。

20世紀少年を観たときに思ったんですけど、三波春夫ってスーパースターでしたね。
こういう存在も貴重だなと思ったのでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/50540323

この記事へのトラックバック一覧です: 『俺のロック・ステディ』 花村 萬月:

« 映画 「ムサシ」 | トップページ | Sound of Music | Central Station Antwerp (Belgium) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ