ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『ラジオからビートルズが流れていた』 浅井 慎平 | トップページ | 『ライフハッカー[日本版] 辛そうで辛くない人生と仕事が少し楽になる本』 »

『信じるものは救われない』 内藤 誼人

信じるものは救われない
内藤 誼人
経済界

 性善説と性悪説という対照的な考え方があります。「基本的に人間のことを信じるべきだ」という性善説を、日本人のほとんどは信じているんじゃないでしょうか?

 盲目的に、こんなこと信じてませんか?

 「電車やバスは時間通りに来る」「約束は守られる」「お医者さんがこれを飲みなさいといった薬は必ず効く」「会社は社員を守ってくれる」

 それを信じたばっかりに、薬害の被害者になったり、頑張って働いていたのに突然リストラされたり、なんてことがありますよね。

 性悪説というと、悪いイメージがあるかもしれませんが、そんなことないんですよ。

 「人間は間違いを犯すもの」「どんなに正しいことでも、それを聞き入れてもらえるわけではない」「誰一人として同じ考え方をする人はいない」「人はウソをつくもの」

 一言で言ってしまえは、「他人をアテにしてはいけない」というのが「性悪説」なんです。

 人はすぐにウソをつき、肝心なことは何も教えてくれないというスタンスでいよう。誰も教えてくれないのだから。自分の目で盗むか、自分で何とかしなければならないと思ていた方がいい。

 信じているからこそ、裏切られたときに腹が立つのです。疑ったことがないから、期待した応えが返ってこないと、自分が悪いのではないかと思ってしまうのです。

 だったら、最初から信じていなければいいんだと著者は言っています。そうすれば、ムダに怒ったり、がっかりしたりする必要はなくなるのだと。

 「性悪説」とは、言い方を変えると「悟り」なのかもしれません。誰かに期待するのではなく、やってもらえなくて当たり前、つまらない事を言う人がいて当たり前、話しても分からない人がいて当たり前、って思っていた方がいいという事ですね。

 自力で道を切り開いていかないと、人生というのは思うようにならない。

 こんな時だからこそ情報を鵜呑みにせず、自分で判断し、行動することが大事なのです。

1284冊目(今年25冊目)☆☆☆☆☆

« 『ラジオからビートルズが流れていた』 浅井 慎平 | トップページ | 『ライフハッカー[日本版] 辛そうで辛くない人生と仕事が少し楽になる本』 »

心・脳・身体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/51136889

この記事へのトラックバック一覧です: 『信じるものは救われない』 内藤 誼人:

« 『ラジオからビートルズが流れていた』 浅井 慎平 | トップページ | 『ライフハッカー[日本版] 辛そうで辛くない人生と仕事が少し楽になる本』 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ