ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 「世界ふしぎ発見!」でジロ・デ・イタリア特集! | トップページ | 大戸屋 食育セミナー »

『ヒクソン・グレイシー 無敗の法則』 ヒクソン・グレイシー

ヒクソン・グレイシー 無敗の法則
ヒクソン・グレイシー
ダイヤモンド社

 グレイシー柔術のトップであり、常に圧倒的な強さを誇っていたヒクソンの言葉は、どれも素晴らしい!ゆとりとか妥協なんてありえないと言い切る彼の心の強さに、わたしは惚れまくっています。

 普通の人が人生の向きを変えるために、最初にしなければいけないことは、恐怖を理解することだ。

 何故新しいことに向かえないのかと言えば、それは怖いからなのです。知らない場所へ行くのは怖い、知らない人と話すのが怖い、そんなことばかり考えていても何もできないのです。それが本当に死ぬほど怖い事なのか、良く考えてみれば分かるのです。

 何かを成功させるために必要なものは、運ではないのだ。「やれるところまでやってみる」という考え方だ。無駄になるような行動など、この世には一つもない。

 運がないから芽が出ないのではなく、必死にやっていないから秀でることができないのだと気が付けば、言い訳をしているヒマなどないのです。

 すべてをありのままに認める。できることをやるしかない。できなければ、受け入れるしかない。

 必死に頑張ってもすべてができるわけではありません。でも、きちんと努力したなら、失敗も受け入れることができます。頑張っていなかったからこそ、その結果を受け入れられないのです。

 一番は自分でなくてはいけない。自分が最高の状態でないなら他のことも上手くいかないのだ。

 誰かの為に生きているといいながら、グチが出るなら、それは偽りの人生ではありませんか。自分が輝いていなければ、他の人の力になどなれるわけがありません。

 歩くときも、正しい姿勢で、個々の動作をおろそかにしないでちゃんと歩く。何となく歩くのではだめだ。歩き方を見ただけで、負け犬だと簡単に分かってしまう。「見て、あの人、王様みたいだ。堂々としてやる気がみなぎっている」と言われるように歩く。

 いつでもヒクソンの言葉を忘れずにいたい!

1314冊目(今年55冊目)☆☆☆☆☆☆

« 「世界ふしぎ発見!」でジロ・デ・イタリア特集! | トップページ | 大戸屋 食育セミナー »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/52113119

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヒクソン・グレイシー 無敗の法則』 ヒクソン・グレイシー:

« 「世界ふしぎ発見!」でジロ・デ・イタリア特集! | トップページ | 大戸屋 食育セミナー »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ