ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『大奥 第7巻』 よしながふみ | トップページ | 女子ワールドカップ・サッカー準決勝 »

『アート・オブ・コミュニティ』 ジョノ・ベーコン

あなたが恐れるべきは、賛同しない人ではなく、賛同しないで、なおかつ臆病さからあなたに知らせようとしない人である。
- ナポレオン・ボナパルト -

 2人以上の人が集まって何かをしようとするとき、コミュニケーションはとても重要なものです。リーダーが指示する方向なのか?あるいはグループ内で自然発生する方向なのか?いずれにしても、グループ全員の相互理解が必要です。

 自分たちが向かう方向性に対して疑問を持つこと、議論すること、異議を唱えることは正しいコミュニケーションのあり方です。問題なのは対話がないことです。

 不満を持ったまま、指示に従っているようなフリをする。これは日本人が得意なパターンです。ホンネでは反対だけど、タテマエは賛成という矛盾した状態は、トラブルの温床となります。理屈では理解できても感情的に理解できないという状態は、実に危険です。

 何故ホンネとタテマエが発生するのかと考えてみると、そこには必ず「不信感」が存在します。こんなことを言ったら評価が下がるのではないか?イヤな奴だと思われるのではないか?そんな気持ちがホンネを言わせなくしてしまうのです。

 信用こそがすべて

 この人はウソをつかない。この人の主張は揺らがない。そう信じられる相手になら心を開くことができます。

 自分自身になる

 リーダーだからと言って、理想的な人を演じる必要はないのです。一本筋が通った、ホンネの自分で生きていくこと。それこそが信用を得る唯一の方法なのだと思います。

1316冊目(今年57冊目)☆☆☆☆☆

« 『大奥 第7巻』 よしながふみ | トップページ | 女子ワールドカップ・サッカー準決勝 »

ことば・コミュニケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/52202281

この記事へのトラックバック一覧です: 『アート・オブ・コミュニティ』 ジョノ・ベーコン:

« 『大奥 第7巻』 よしながふみ | トップページ | 女子ワールドカップ・サッカー準決勝 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ