ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 映画 「ゲット・ラウド」 試写会@ビルボード東京 | トップページ | 『7つの制約にしばられない生き方』 本田直之 »

『いい顔してる人』 荒木 経惟

いい顔してる人
いい顔してる人
posted with amazlet at 11.09.01
荒木 経惟
PHP研究所

すべては顔に出るもんです。

 どんな人の中にも美しさを見出すことができるアラーキーって、スゴイ人なんだと思う。きっとね、パッと見た瞬間に見えてるんだろうなぁ、その人の中身が。どんなにきれいな服を着ようが、化粧しようが隠せないものを感じ取ってしまうんだろうなぁ。

見ることは見られることである。

 一生懸命に見なければいけない人やモノを前にしても、見てない人ってホントに見てないんだよねぇ。興味を持てないのか?集中力がないのか?

 自分の気持ちが外へ向かっていかないと、他人に自分を伝えることなんてできないじゃない。まわりを必死に見続けていると、おのずと自分が出てくるような気がするの。

 何かにかけている時の顔は美しいよ、
 美男美女なんてものを軽々と超えた美しさだ。
 逆から言えば、一生懸命にやっていて顔が美しくならないなら、
 その仕事は向いてないってことなんじゃないの。

 凄い言葉だよねぇ。こんな風に分かりやすく言ってくれる人っていないよね。

 わたし一生懸命なんですって言いたげな(時には大声で叫んでる場合も)人って、美しくないのよね。淡々と頑張っている人は間違いなく美しいのよ。その差は本当に大きくて、大きくて、悲しくなるほどの差なの。

 ダンスをやってるとね色んなことが分かってくるの。ヘタなうちはいいのよ、一生懸命さだけが前に出てくるから。少し上手くなってくると、いろんなものが出てきちゃうの。前に行きたいとか、先生に褒められたいとかね。

 モチロン、そういう気持ちも大事なのよ、前に出ようという気持ちが無かったらダンスなんて上手くならないもの。「わたし、後ろの方でいいんです」なんて気持ちじゃ上手くならない。

 何でもそうだけど、言われなくても練習する、思わず勉強しちゃうというタイプには絶対に敵わないの。そういう人には、辛いなんて気持ちは生まれないんだから。叱られても、失敗しても、すべてが自分の栄養になっちゃう人には、ケンカを挑んでもムダなのよ。

 一途に頑張ってる人は絶対にいい顔してる!それは間違いないよね!!

1324冊目(今年65冊目)☆☆☆☆☆

« 映画 「ゲット・ラウド」 試写会@ビルボード東京 | トップページ | 『7つの制約にしばられない生き方』 本田直之 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/52623313

この記事へのトラックバック一覧です: 『いい顔してる人』 荒木 経惟:

« 映画 「ゲット・ラウド」 試写会@ビルボード東京 | トップページ | 『7つの制約にしばられない生き方』 本田直之 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ