ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『きのう何食べた? 5』 よしながふみ | トップページ | 『BORN TO RUN 走るために生まれた』 クリストファー・マクドゥーガル »

『永遠の0』 百田 尚樹

永遠の0 (ゼロ)
永遠の0 (ゼロ)
posted with amazlet at 11.10.18
百田 尚樹
太田出版

 ゼロ戦のパイロットだった祖父のことは何も知らなかった孫が、彼がどんな人だったのかを調べる為に、祖父の事を知る人を訪ねインタビューしていきます。

 祖父のことを臆病者だという人、天才的なパイロットだったという人、不思議な教官だったという人、老人たちの様々な話を聞くうちに一つの疑問が湧いてきたのです。

 「妻と娘が待っているのだから自分は必ず生きて帰る」と公言してはばからなかったのに、特攻で亡くなったのは何故か?

 「特攻」というもののイメージが、いかに美化されていたものなのか、そして「特攻」を生み出した海軍の上層部は、実際の戦地の状況など何も知らずにいたということなど、今まで知らなかった戦争の惨さを知りました。

 通常の戦争では、どんなに危険な任務であっても生き残る可能性があります。つまり「九死一生」なのですが、特攻はそうではありません。「十死零生」の作戦なのです。

 その上、空母などに体当たりできた人はまだ幸運な方だという事実にもビックリしました。爆撃する相手に到達する前に撃ち落とされたりするものがほとんどだったなんて。大本営は大ウソつきでしたが、戦後のマスコミだって大ウソつき!そんなこと報道してないじゃないですか!

 戦争は悲しいものです。一人一人の人間が憎しみ合っているわけでもないのに、戦わなければならないのです。死にたい人なんていないのに、殺しあわなければならないのです。

 現場の事なんか何もわかっていない軍の上層部がとんでもない命令を出して、それを実行する人たちは命を張っているのに、そんなことはお構いなしにバカな命令ばかり出す。

 この体質は未だに変わってませんね。世の中の為に働かなければいけないはずの人たちが、自分の欲得だけで物事を決めてしまう世の中、余りにもバカバカしい!

 悲しくて、辛いけど、こういう時代があったということをみんなが知らなければいけないと思います。是非、読んでください。人間は、かくも強く生きられるものだということを知るためにも。

1329冊目(今年70冊目)☆☆☆☆☆☆(絶対におススメ!)


トラックバック先
心に残る本
苗坊の徒然日記

« 『きのう何食べた? 5』 よしながふみ | トップページ | 『BORN TO RUN 走るために生まれた』 クリストファー・マクドゥーガル »

日本の作家 は行」カテゴリの記事

コメント

ああ、この本、大好きです。
最初に読んだ時は、胸がいっぱいで、感想が書けなくて・・・。
今年の夏、読みなおして、ようやくブログに書きました。

この本は、多くの若者たちに読んで欲しいですね!

牛くんの母さん☆こんにちは
”胸いっぱいで”というところ、同感です。
今のうちにこういう話をきちんと残しておかないと、後世に残せなくなってしまいます。
若い人にも、そうでない人にも、読んでもらいたい本ですね!

こんばんは。ようやく読みました。
戦争物は読まなければならない、歴史として残しておかなければならないと分かっていても、どうしても怖さが先行して読むのにためらってしまいます。
この作品もそうで読むまでに時間がかかりました。
そして今回読んで、やはりもっと早くに読んでいれば良かったと思いました。戦争は本当にあってはならないもので、そしてかつて日本で命を懸けて戦った人達がいたのだということを忘れてはいけないのだと強く感じました。

苗坊さん☆こんばんは
過去にこんな思いをしていた人がいるという事を知り、未来に伝えることこそが大事なことだと思います。
ホントに大勢の人に読んで欲しい本ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/53024994

この記事へのトラックバック一覧です: 『永遠の0』 百田 尚樹:

» 「永遠の0」百田尚樹 [心に残る本]
きのうは終戦記念日。 戦争と平和にかかわる本を紹介したいと思い、「永遠の0」を再読しました。 この小説は、百田尚樹さんのデビュー作。今、読んでもデビュー作とは思えない緻密な構成と文章力に感心さ...... [続きを読む]

» 永遠の0 百田尚樹 [苗坊の徒然日記]
永遠の0 (講談社文庫)著者:百田 尚樹講談社(2009-07-15)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ ... [続きを読む]

« 『きのう何食べた? 5』 よしながふみ | トップページ | 『BORN TO RUN 走るために生まれた』 クリストファー・マクドゥーガル »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ