ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『Lioness: Hidden Treasures』 Amy Winehouse | トップページ | 『博覧強記の仕事術』 唐沢 俊一 »

『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?』 安西洋之 中林鉄太郎

Maruchan

 メキシコでは出稼ぎに行った人たちが軽くてすぐに食べられるカップ麺を大量に持ち帰り、そこからカップ麺の人気が出たのだそうです。

 そして、メキシコではカップ麺のことを「 Maruchan 」と呼ぶのだそうです。超メジャーです!

 そういえば、このパッケージはアメリカのスーパーマーケットで見たことあるなぁ

 でもね、食べ方は日本とは全然違うんです。サルサソースをかけたり、ライムをしぼったり、自分好みにアレンジして食べる人が多いのだそうです。

 これに限らず、日本製品が外国で取り入れられていくとき、その解釈がかなり違っていることが多いんですね。

 キッコーマンの醤油といえば刺身って日本では思いがちがけど、海外でプッシュしているのは「醤油は肉に合うよ~!」ってことなの。

 国によって習慣や考え方が違うから、それぞれの場所に合った売り方をしていくことって大事。現地の情報をいかにして取り入れるかが、その地で成功できるかどうかのカギを握ってるってわけね。

 これは日本に売り込みをかけてくる海外製品でも同じこと。たとえば掃除機なんて、どんなに性能が良くてもサイズが大き過ぎるとダメでしょ。日本家屋のスケール感に合ったデザインが必要なのよね。

 自分が作っている製品がこんなにイイぞ~って言ってるだけじゃなくて、相手がどんなものを欲しているのかを考えるって、ビジネスではもちろんだけど、日常生活でも同じだわ。

 相手の立場に立って考えてみるって大事ですね。

1352冊目(今年93冊目)☆☆

« 『Lioness: Hidden Treasures』 Amy Winehouse | トップページ | 『博覧強記の仕事術』 唐沢 俊一 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

日本の作家 な行」カテゴリの記事

コメント

この本、勤めている図書館で選書して購入しました。
自国で身近なマルちゃんが食文化が違うところではやはり違う食べ方がされてるんだなと新鮮でした。
ちゃんとは読んでいないんですけど^^;
買ってよかったと思った本です。

苗坊さん☆こんばんは
「郷に入っては郷に従えって」ところが面白いですよね。
タイトルに取り上げられている割に、マルちゃんの部分が短かったのが残念です(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/53451271

この記事へのトラックバック一覧です: 『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?』 安西洋之 中林鉄太郎:

« 『Lioness: Hidden Treasures』 Amy Winehouse | トップページ | 『博覧強記の仕事術』 唐沢 俊一 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ