ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『Different Kind of Truth』 Van Halen | トップページ | 『樫木式カーヴィーメソッド 美ボディダイエット』 樫木 裕実 »

『そこまでやるか!文具王 高畑正幸の最強アイテム完全批評』 高畑 正幸

 文房具って毎日使っているものだから、ついつい同じものばかり使ってしまうけど、新製品がドンドン出ています。面白そうだなぁって思っても、それがどれだけ便利なのかってのが良く分からないことが多いんです。

 この本では、製品のセールスポイント、構造、使ってみた感想が述べられているのですが、さすが文具王、高畑さんの解説は実に細かい!

 最初のページに登場した「フリクションボール」は消せるボールペンという、すごいコンセプトの製品です。わたしは一旦書いた文字を消すことはないので、これは使っていませんが、フリクション蛍光ペンは愛用しています。

 熱で消せるというところが見事なアイデアなのですが、マイナス10~20℃に冷やすと一旦消したものが又浮かび上がってくるというのは知りませんでした。これは一度試してみたいなぁ!

 一番気になったのは10Bの鉛筆(筆鉛筆)という製品です。普通の鉛筆よりもぐっと芯が太くて、文字のハネやトメなどの表現が豊かにできるって所が魅力的です。文字だけでなく、絵を書くにも面白そう!

 修正ペンのようなシールとか、面白い形の色鉛筆とか、欲しいものが又増えてしまいました!

1372冊目(今年13冊目)☆☆☆☆

« 『Different Kind of Truth』 Van Halen | トップページ | 『樫木式カーヴィーメソッド 美ボディダイエット』 樫木 裕実 »

日本の作家 た行」カテゴリの記事

文房具・手帳・ノート・手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/53959423

この記事へのトラックバック一覧です: 『そこまでやるか!文具王 高畑正幸の最強アイテム完全批評』 高畑 正幸:

« 『Different Kind of Truth』 Van Halen | トップページ | 『樫木式カーヴィーメソッド 美ボディダイエット』 樫木 裕実 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ