ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『箱庭図書館』 乙一 | トップページ | 『大正・昭和の乙女デザイン ロマンチック絵はがき』 »

『河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙』 河北新報社

 あの震災から1年経ちました。大地震の想定はしていても、あんな津波に襲われるとは誰も想像していませんでした。災害当時は、被害の大きさを把握することさえできずにいたのです。

 河北新報社は東北6県を発行区域とする新聞社ですから、3大紙とは明らかにスタンスが違っていたのですね。津波に襲われて必死に逃げる人たちが映し出されたスクープ写真があっても、それをそのまま使う事ができないこともあったのだそうです。

 被災地から離れた地域の人なら(あえて酷い言い方をしてしまえば)「他人事」として見ることができる写真も、被災地の人にとっては辛過ぎるから、河北新報としては使えないという判断をしたという所に、地元密着を基本に置いているのだという強い意志を感じました。

 この本には、自らも被災者でありながら、必死に取材をし、新聞を発行し続けた毎日が記録されています。配達された新聞を受け取った被災者の方々から「ありがとう」という言葉を頂いたというところに、新聞の役割というものを改めて考えてしまいました。

 われわれはみな被災者だ
 今は誰かを責めることは絶対にするな

 こんな大変な状況で何かを成し遂げようとするとき、本当に大事なのはこういう決意なのですね。

1386冊目(今年27冊目)☆☆☆☆☆☆

« 『箱庭図書館』 乙一 | トップページ | 『大正・昭和の乙女デザイン ロマンチック絵はがき』 »

伝記・日記・ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/54354937

この記事へのトラックバック一覧です: 『河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙』 河北新報社:

« 『箱庭図書館』 乙一 | トップページ | 『大正・昭和の乙女デザイン ロマンチック絵はがき』 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ