ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『回転寿司の経営学』 米川 伸生 | トップページ | 映画 「アーティスト」 »

『人はなぜ色に左右されるのか』 千々岩 英彰

 色には時間感覚を狂わせる力があります。

 赤やオレンジ色などの「暖色系」の部屋の色は、実際よりも時間を長く感じさせます。

 なぜ時間の感覚が狂うのかというと、「暖色系」はエネルギーの代謝を盛んにするため、それが一定量を越えると空腹や疲労を感じ、時間が経過した感覚が生まれてしまうからなのだそうです。

 逆に、青や水色などの「寒色系」の部屋の色は、実際の時間よりも短く感じさせる力があるので、大切な人との待ち合わせは「寒色系」の部屋の方がいいってわけです。

 これをどう活かしているかというと、例えばファーストフード店です。「暖色系」の色に囲まれていると、ずいぶん長居してしまったという気持ちになってしまいます。客の回転率を上げるには「暖色系」なんですね。

 更に「暖色系」は食欲を増すという効果もあるので、これもまた効果的!

 この本を読んでいると、わたしたちが色に対して持っているイメージを、企業はうまく利用しているんだなってことがよく分かります。

 色の力って不思議です。

1398冊目(今年39冊目)☆☆☆☆

« 『回転寿司の経営学』 米川 伸生 | トップページ | 映画 「アーティスト」 »

日本の作家 た行」カテゴリの記事

新書」カテゴリの記事

心・脳・身体」カテゴリの記事

コメント

本当に色って不思議ですね。

コピーライター吉田さん☆はじめまして
色以外にも様々なファクターが、知らぬ間にわたしたちを動かしてるのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/54572011

この記事へのトラックバック一覧です: 『人はなぜ色に左右されるのか』 千々岩 英彰:

« 『回転寿司の経営学』 米川 伸生 | トップページ | 映画 「アーティスト」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ