ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« ミラク@座・高円寺2 | トップページ | 『仙台ぐらし』 伊坂 幸太郎 »

『偉大なるしゅららぼん』 万城目 学

偉大なる、しゅららぼん
万城目 学
集英社

 毎回サイキックなんだけど、羨ましくない能力を持った人たちを描き続けている万城目さんですが、今回の舞台は琵琶湖です。

 その不思議な能力を磨くために、琵琶湖畔の石走の日出家の本家にやって来た涼介が、あまりにも浮世離れした本家の人々にビックリしまくる所から物語が始まります。

 本家の跡取り息子である淡十郎くんが、ノホホンなお坊ちゃまかと思いきや、怒るととんでもなく怖いんです。ルックスといい、性格といい、わたしの頭の中ではあっという間にイメージが出来上がってしまいました。某国の3代目さん、ピッタリです!

 ライバル家である棗(なつめ)家の長男 広海と高校で同じクラスになってしまうあたり、小さな町なんだろうなぁと想像してしまいます。広海くんは背が高くて前髪パラリンな二枚目。この本の表紙の右側の人なんでしょうね。

 この表紙の左側に描かれているのが主人公の涼介くんですが、変だと思いませんか?詰襟の制服の色が「赤」ですよ!これは読んでのお楽しみってことで。

 毎回、よくこんな設定を考え出すなぁって感心してるんですが、今回のはもう一つインパクトに欠けるような気がします。もしかして、アクの強いこれまでの作品で免疫ができちゃったからなのかもしれませんが、彼らの能力がもう一つイメージし辛かったなぁという感想です。

 とはいえ、これだけの長さの文章を飽きることなく読ませてくれる著者の力はすごいなぁって思います。

1399冊目(今年40冊目)☆☆☆☆

トラックバック先
日々の書付
苗坊の徒然日記
心に残る本

« ミラク@座・高円寺2 | トップページ | 『仙台ぐらし』 伊坂 幸太郎 »

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
万城目さんの独特の世界観を堪能しました。
「プリンセス・トヨトミ」の時も思いましたが前半が長いなと思いました。
でも、世界が凄いので^^;それはしょうがないんだなと思いました。
次はどの都道府県が舞台になるのかとそれも楽しみです。

苗坊さん☆こんばんは
毎回よくこんな設定を思いつくなぁって感心してます。
それに伴って、段々前置きが長くなってきてるので、1冊ですべて描くのではなく、ホルモーみたいに外伝を作っていけばいいなぁって思うんですけどねぇ。
次はどこなんでしょうね?

万城目さんの作品は、現実と虚構のはざまがわかりにくくて、読んでいくうちに、いつの間にかそっち側に引きこまれていきます。

どこまでが現実で、どこまでが空想かわからなくなります。
たぶんそれは、現実や実際の歴史部分の描写がしっかりしているからこそ、成り立つんでしょうね。
作品に登場する「カロム」も作者の創作かと思ったら、実際に合ったゲームでした(^^;)

追記
万城目さんは現在、忍者の話を書いているそうです。しばらく前のテレビで言っていたので、そろそろ単行本化の話しも聞こえてくるかもしれませんね。(^^)

日月さん☆こんばんは
次は忍者ですか?やる気のない忍者とか出てくるのかなぁ?楽しみです。(#^.^#)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/54683761

この記事へのトラックバック一覧です: 『偉大なるしゅららぼん』 万城目 学:

» 「偉大なる、しゅららぼん」 万城目 学 [日々の書付]
京都でホルモー、奈良で鹿、大阪ではトヨトミと、万城目文学の近畿シリーズ(と、勝手に呼んでいる)最新作の「偉大なる、しゅららぼん」の舞台は滋賀。琵琶湖から不思議な力を授かる日出涼介は、力の抑制を学ぶため、高校入学を期に湖西にある日出本家に居候することに。日出本家には、涼介と同じ年の総領息子・淡十郎がいるが、城に住むほどの資産家の長男だけにやることが殿様気質。 おまけに、日出家の積年の宿敵・棗家の息子・広海までも同じクラスで、入学早々、お互いの力をぶつけ合ってしまい、波乱含みの高校生活がはじまる。マイ... [続きを読む]

» 偉大なる、しゅららぼん 万城目学 [苗坊の徒然日記]
偉大なる、しゅららぼん著者:万城目 学集英社(2011-04-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 万城目学の最新作にして、大傑作!!! 琵琶湖畔の街・石走に住み続ける日出家 ... [続きを読む]

» 「偉大なる、しゅららぼん」万城目 学 [心に残る本]
万城目学「偉大なる、しゅららぼん」を読みました。 これまで、京都、奈良、大阪と来て、今度は琵琶湖=滋賀が舞台です。 不思議な力を持ち、その力を利用して権力をもつ日出一族。その一人である少年涼介...... [続きを読む]

« ミラク@座・高円寺2 | トップページ | 『仙台ぐらし』 伊坂 幸太郎 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ