ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『「鉄学」概論 ― 車窓から眺める日本近現代史』 原 武史 | トップページ | 映画 「ダーク・シャドウ」 »

『レバレッジ時間術』 本田 直之

何もしないでいるほうがリスク

 「休まず、遅れず、働かず」って、笑いごとじゃないですよ!そんな気はないけれど、結果としてそうなっている人がホントに多いんだから!!

 日本のほとんどの会社や役所って減点法ですから、何かやって失敗するとマイナスが付きます。それを恐れるばかりに、何も決めない→何もしない→何も変わらない、という悪循環に陥りやすくなっています。

 何もしなかったことって、一見目立たないんですけど、実は致命傷ってことがかなりあります。

 たとえば、ステキな人を見つけて、その人に声を掛けてみようかって事がありますよね。

 もし声を掛けてダメだったとしても、別の手で行こうと考えるか、この人はあきらめて次の人へターゲットを変えようと考えるか、何かの行動を取ろうとするならOKです。

 でも、どうしようどうしようと考えているばかりで声もかけずにいて、その間に別の人に取られちゃったら、バカバカしいだけじゃないですか!

 その他に気になったタイトルは

  • モチベーションの低さこそ問題
  • やりたいことの時間を天引きする
  • 時間がありすぎるから、時間が無くなる
  • 最悪なのは情報不足のまま迷い続けること

 時間は誰にも平等に存在するものだけど、それをどう使うかは自分次第ですからね。

1405冊目(今年46冊目)☆☆☆☆

« 『「鉄学」概論 ― 車窓から眺める日本近現代史』 原 武史 | トップページ | 映画 「ダーク・シャドウ」 »

日本の作家 は行」カテゴリの記事

新書」カテゴリの記事

Life Hacks・Web」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/54870620

この記事へのトラックバック一覧です: 『レバレッジ時間術』 本田 直之:

« 『「鉄学」概論 ― 車窓から眺める日本近現代史』 原 武史 | トップページ | 映画 「ダーク・シャドウ」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ