ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 我は勇みて行かん~松本幸四郎“ラ・マンチャの男”に夢を追って | トップページ | 『日本人の知らない日本語3 祝! 卒業編』 蛇蔵 海野凪子 »

『僕は君たちに武器を配りたい』 瀧本 哲史

 コモディティ化とは〈市場に出回っている商品が、個性を失ってしまい、消費者にとってみればどのメーカーのどの商品を買っ ても大差がない状態〉のことをいう。これはなにも商品だけの話じゃない。人材評価においても同じだ。コモディティ化を避けるためには、〈ほかの人には代え られない、唯一の人物〉「スペシャリティ」になることだ。(本文より)

 他の人との差をつけるために勉強しなければ!というのが世の中では当たり前になっています。その考え方自体は正しいものだと思うのですが、どのような勉強をするのか?という点については、もう一度考え直さなければいけない時期に来ているようです。

 「英語・IT・会計」は人に使われるための、「奴隷の学問」

 この言葉に、ゾクっとしました!

 こういう勉強は会社勤めをする為に便利なスキルなのであって、これができるからビジネス能力があるって訳じゃないんですよ。そこを勘違いしちゃいけないです。

 ある仕事をするためには、どんな技術が必要なのか?が理解できていれば、すべてを自分でやる必要はありません。それが得意な人にやってもらえばいいんです。

 大事なのはアイデアを生み出す力です。それなしには、何も始まりません!

 「リベラル・アーツ」は人類の歴史や、哲学、芸術、文化、自然科学全体について勉強する。言わば、生きていく上での教訓を学ぶ、「自由人の学問」。

 スキルがないことよりも、教養がないことの方が、人間としての深みや質に、大きく影響していると感じています。

 「スペシャリティ」の本質とは、この教養の部分なのだと思います。学校のテストでいくらいい点を取れても、どんな資格を持っていても、教養(リベラル・アーツ)がない人には魅力がないものです。

 教養を磨く、センスを磨く、心を磨く、一朝一夕には変わることができない部分だからこそ、日々の積み重ねの差は大きいのでしょう。

1427冊目(今年68冊目)☆☆☆☆☆

« 我は勇みて行かん~松本幸四郎“ラ・マンチャの男”に夢を追って | トップページ | 『日本人の知らない日本語3 祝! 卒業編』 蛇蔵 海野凪子 »

日本の作家 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/55501964

この記事へのトラックバック一覧です: 『僕は君たちに武器を配りたい』 瀧本 哲史:

« 我は勇みて行かん~松本幸四郎“ラ・マンチャの男”に夢を追って | トップページ | 『日本人の知らない日本語3 祝! 卒業編』 蛇蔵 海野凪子 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ