ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『ミレニアム3 眠れる女と教卓の騎士 上・下』 スティーグ・ラーソン | トップページ | 『デザインのデザイン』 原 研哉 »

『常識からはみ出す生き方』 クリス・ギレボー

 「明るい未来のために夢や目標を設定しましょう」 と、どの自己啓発書にも書かれています。それを実行してみた方も、きっと大勢いることでしょう。でも、その夢や目標を実現できた人はその中の何パーセントなのでしょう?

 外から見ている分には実現できているように見えても、本人が納得していない場合もあるし、外からは「ダメじゃない?」と思われていても、本人はとても満足している場合もあります。その差はどこにあるのかしら?

 「世間の常識」って誰が決めたんでしょうね?よく分からないけど、その尺度で自分や他人を測っていることが実に多いです。年収がどうとか、学歴がどうとか、結婚しているとか、家がどうとか、どんな仕事をしているとか etc...

 それ以外にも日常的に「常識」ってのが幅をきかせています。「空気を読め」とか「ドレスコード」とか、いろんなしがらみに絡まれつつわたしは生きてるんだなぁって、よく感じます。

 常識っていう枠の中で生きていると何故いいかといえば、ラクなんです。いつもと同じことの繰り返しをしていればいいだけだから、余計な心配もいらないし、悩む必要もないし、ラクチンなんです。そう思って生きている人が世の中のほとんどです。

 ところがね、あるタイミングで凄い事にぶち当たるんです。

 常識という枠の中で生きていると、何も変わらないはずだったのに、ある日突然、「劣化した自分に気付く」んです!

 それは体力の衰えかもしれないし、知力や気力の衰えかもしれないし、全部かもしれません。毎日の変化は少しずつだから、本人は気付きません。周りは気付いていても教えてくれません。実は教えてくれていたのに、無視していたかもしれません。

 そこで何かを変えなくっちゃ!と一念発起したのに、3日坊主になってしまうのも、常識の成せる業!「どうせ」とか「いまさら」とかいうモードになっちゃうんですよね。

 この本の著者が力説しているのは、今まで常識だと思っていたことを全部疑ってみようよ!ということです。「それって、自分だけが思い込んでいたんじゃない?」「誰がそういったの?」って考えてみるだけでも、一皮むけるんじゃないかしら。

1446冊目(今年87冊目)☆☆

« 『ミレニアム3 眠れる女と教卓の騎士 上・下』 スティーグ・ラーソン | トップページ | 『デザインのデザイン』 原 研哉 »

海外 その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/55953862

この記事へのトラックバック一覧です: 『常識からはみ出す生き方』 クリス・ギレボー:

« 『ミレニアム3 眠れる女と教卓の騎士 上・下』 スティーグ・ラーソン | トップページ | 『デザインのデザイン』 原 研哉 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ