ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『常識からはみ出す生き方』 クリス・ギレボー | トップページ | 『レディ・マドンナ 東京バンドワゴン7』 小路 幸也 »

『デザインのデザイン』 原 研哉

デザインのデザイン
デザインのデザイン
posted with amazlet at 12.10.25
原 研哉
岩波書店

 センスの悪い国にセンスのいい国の商品が入ってきた場合、センスの悪い国の人々は、入ってきた商品に触発されて目覚め、よそからきた商品に欲望を抱くだろう。しかしその逆は起こらない。ここでいう「センスのよさ」とは、それを持たない商品と比較した場合に、一方が啓発性を持ち、他を駆逐していく力の事である。(本文より)

 この言葉にシビレました。まさにその通り!!

 わたしが子供だった頃、欧米からやって来るものはみんなステキに見えました。アメリカからTVドラマ、イギリスからロック、フランスからファッション、そのセンスに憧れました。

 日本にはきっとそういう人が多かったのでしょう、少しずつセンスの良いものが生まれてきました。世界に誇れるものもありました。

 でもね、どうしても変わらないセンスの悪さってのも多々あります。

 それは何故なんだろう?と考えてみると、行きつく先はやっぱりこれなんですよ。

 「目立ちたくない」「横並び」というような「保守的な思考」を持った人が多い

 海外へ行っていつも思うのは「いろんな人がいるなぁ!」「何でもアリだなぁ!」ですが、日本は相変わらず画一的だなぁって思います。「これが流行だよ」って言われれば直ぐに飛びついて、みんな同じような服を着て、同じような化粧をして、同じようなものを食べてる。

 センスって元々の能力もあるけど、切磋琢磨して伸ばすという部分もあるから、横並びの環境じゃダメだよなぁ(^_^;)

 いろんな人がいて、いろんな考え方があって、いろんな表現があって、初めて飛び抜けたセンスが生まれると思うんだけど、今の日本に期待して

« 『常識からはみ出す生き方』 クリス・ギレボー | トップページ | 『レディ・マドンナ 東京バンドワゴン7』 小路 幸也 »

デザイン・アート・写真」カテゴリの記事

日本の作家 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『デザインのデザイン』 原 研哉:

« 『常識からはみ出す生き方』 クリス・ギレボー | トップページ | 『レディ・マドンナ 東京バンドワゴン7』 小路 幸也 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ