ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『レディ・マドンナ 東京バンドワゴン』 小路 幸也 | トップページ | 『奇妙な情熱にかられて ミニチュア、境界線、贋物、蒐集』 春日 武彦 »

『アイデアは才能では生まれない』 美崎 栄一郎

アイデアは才能では生まれない
美崎 栄一郎
日本経済新聞出版社

 何かの仕事を頼むとき、「それが得意だから(だろうから)」やってください。と依頼されることが多いと思いがちですが、そうでない場合というのも実は多いのですよね。

 その分野のスペシャリストに頼むという考え方は、確かに確実で失敗は少ないでしょう。そのかわり、斬新なアイデアは生まれにくいのではないでしょうか。これはこういうものであるという固定概念に縛られてしまっていることが、世の中には本当にたくさんあるのですから。

 たとえば、美崎さんが企画に携わっていらしたファンデーションという商品、ご自身が使ったことないし、それまで興味を持ったことなどなかったはずです。けれどもそれを何とかしなければならない立場になったときに、ただお手上げだったり、以前からその仕事に携わっている方に頼りっきりというわけにはいきません。

 そこで必要なのはアイデアなのです。といっても、今までなかった斬新なアイデアをひねり出せというわけではありません。すでにある財産をいかに上手く使いこなすか?というところがポイントなのですね。

 自分にファッションセンスが足りないと思えば、センスのいい人の目を借りればいい、それに自分が得意な分野(たとえば数字を扱う事)を組み合わせていけば、これまでにない視点が見つかります。

 何でも自分一人でやろうと思わず、人様の才能を少しずつ拝借することで新しいものが出来上がっていくということを、この本では様々な事例を挙げて紹介しています。

 さすが美崎さん、という感じの本でした。

1449冊目(今年90冊目)☆☆☆☆

 

« 『レディ・マドンナ 東京バンドワゴン』 小路 幸也 | トップページ | 『奇妙な情熱にかられて ミニチュア、境界線、贋物、蒐集』 春日 武彦 »

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

ビジネス・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/56003633

この記事へのトラックバック一覧です: 『アイデアは才能では生まれない』 美崎 栄一郎:

« 『レディ・マドンナ 東京バンドワゴン』 小路 幸也 | トップページ | 『奇妙な情熱にかられて ミニチュア、境界線、贋物、蒐集』 春日 武彦 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ