ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『奇妙な情熱にかられて ミニチュア、境界線、贋物、蒐集』 春日 武彦 | トップページ | 映画 「のぼうの城」 »

『春嵐』 ロバート・B・パーカー

 スペンサーが登場して38年。ついに最後の作品となってしまいました。

 わたしがスペンサーシリーズを読み始めたのは、かなり遅れてからですが、それでも約25年読み続けてきました。それだけに、このシリーズが読めなくなるのは、本当に悲しいことです。

 最初の頃のスペンサーはいかにもアメリカの私立探偵という感じの人だったのですが、スーザンと出会ったところから、かなり色合いが違ってきました。

 事件を追って調査をしたり、時には銃撃戦になったり、ということもありましたが、スペンサーの魅力は彼個人の思考(志向)のユニークさであったと思います。

 元ヘビー級のボクサーである彼にとって、ランニングも、ジムでのトレーニングも毎回欠かせないものでした。最初はゴツイ男たちしかやってこなかったジムが、時代の波にのって女性向けのスポーツクラブになっていく様を、からかい気味の口調で語っていました。

 料理が大好きで、毎回おいしそうな料理を作っていたのも印象的でした。ビールにもうるさくて、アムステルがアメリカでは飲めなくなったとぼやいていましたね。

 張り込みでじっとしていなければいけない時には、頭の中でボストン・レッドソックスのベストメンバー表を作っていましたね。

 わたしが大好きなボストンの町が描かれるシーンも毎回ありました。最初の頃は必ずドーナツを買いに行っていたミスタードーナッツが無くなってしまったのが結構ショックでしたね。その後もドーナッツを買いに行ってますけど、店の描写は無くなったような気がします。

 仕事の依頼主よりも、敵対する勢力の人たちの方がスペンサーの魅力を認めてしまうあたりも面白かったです。ある作品で戦った相手と、次回作では仲間として働いていたりして、気が付いたら危ない友達の増えること、増えること(笑)

 盟友ホークとの出会いも、最初は敵同士でしたからね。

 今回登場したZとホークが出会ったらどういう感じなのかなぁって思うのだけど、そのシーンはもう永遠にないんですよね。パーカーさん、何故このタイミングで亡くなったの!くやしいなぁ。

 このスペンサーシリーズを別の作家が続けて書いていくという案があるそうなのですが、どんな感じになるのでしょうか?読みたいような読みたくないような複雑な気持ちです。

1451冊目(今年92冊目)☆☆☆☆☆

« 『奇妙な情熱にかられて ミニチュア、境界線、贋物、蒐集』 春日 武彦 | トップページ | 映画 「のぼうの城」 »

海外 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/56054289

この記事へのトラックバック一覧です: 『春嵐』 ロバート・B・パーカー :

« 『奇妙な情熱にかられて ミニチュア、境界線、贋物、蒐集』 春日 武彦 | トップページ | 映画 「のぼうの城」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ