ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

映画 「アルバート氏の人生」

121005kanai

 映画の舞台は19世紀のダブリン(アイルランド)。

 町には貧しい人たちがあふれているのに、ウエーターのアルバート・ノッブスが働くホテルの客は、お金持ちばかり。

 わがままな客の望みに応え、黙々と働くアルバートには重大な秘密がありました。

 それは、

 彼は女性だったのです。

続きを読む "映画 「アルバート氏の人生」" »

『ピアニストの脳を科学する』 古屋 晋一

続きを読む "『ピアニストの脳を科学する』 古屋 晋一" »

コンテンポラリーダンス公演 "Light 光・灯・照" @光が丘IMAホール

Light

 コンテンポラリーダンスって、不思議だなぁって思います。

 水のように、動物のように、石ころのようにと、様々なイメージを身体を思いっ切り使って表現をしていくところは、ダンスをしている本人にとって、とても楽しいことだと思います。

 今日、このステージを見て思ったのは、踊っているダンサーさんたち本人はきっと楽しかったり、充実していたりしているのだろうけど、その気持ちが見ている側にどれだけ伝わっているのか?ということです。

 身体もよく動くし、技術的にも上手い、でもそれだけってことがあるんだなぁと感じてしまったのです。

続きを読む "コンテンポラリーダンス公演 "Light 光・灯・照" @光が丘IMAホール" »

『わらの人』 山本 甲士

わらの人 (文春文庫)
わらの人 (文春文庫)
posted with amazlet at 13.01.25
山本 甲士
文藝春秋

続きを読む "『わらの人』 山本 甲士" »

『メイカーズ』 クリス・アンダーソン

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
クリス・アンダーソン Chris Anderson
NHK出版

続きを読む "『メイカーズ』 クリス・アンダーソン" »

映画 「レ・ミゼラブル」

Les_miserables

 ビクトル・ユーゴーの名作レ・ミゼラブル(日本題:ああ無情)を初めて読んだのは小学生の時でした。貧しさの余り、パン1つを盗んだ罪で牢獄に繋がれたという出だしに驚き、終盤のパリの下水道を伝って逃げるというシーンは、今でも覚えています。

 とはいっても、映画でここまで具体的に辛いシーンを見ると、ジャン・バルジャンは本当に強い人だったのだと思わずにはいられませんでした。

続きを読む "映画 「レ・ミゼラブル」" »

『本屋さんで本当にあった心温まる物語』 川上 徹也

続きを読む "『本屋さんで本当にあった心温まる物語』 川上 徹也" »

『シネマ落語』 立川 志らく

シネマ落語
シネマ落語
posted with amazlet at 13.01.14
立川 志らく
河出書房新社

続きを読む "『シネマ落語』 立川 志らく" »

『書店員あるある』 書店員あるある研究会

書店員あるある
書店員あるある
posted with amazlet at 13.01.11
書店員あるある研究会
廣済堂出版

続きを読む "『書店員あるある』 書店員あるある研究会" »

山下清展@日本橋三越

Photo

 子供の頃、山下清って不思議な人だなぁって思ってました。

 坊主刈りで、ランニングにパンでヌボーっとしたこの人が、なぜそんなに人気があるのかなぁ?

 どうして彼の日常がドラマになっちゃうのかなぁ?

 大人になってから、彼の貼り絵を見てビックリしました。その雰囲気からは想像できない緻密さがそこにあったんです。

続きを読む "山下清展@日本橋三越" »

『放浪のデニム』

放浪のデニム―グローバル経済に翻弄されるジーンズの世界
レイチェル・ルイーズ スナイダー
エクスナレッジ

続きを読む "『放浪のデニム』" »

映画 「立川談志」

 談志師匠が亡くなって、もう1年以上たってしまったのですね。

 この映画の中に、最後の高座の様子が出てくるのですが、かなり声が出なくなってしまった師匠の姿が痛々しかったけど、最後まで噺家だったんだなぁと改めて感心してしまいました。

続きを読む "映画 「立川談志」" »

『55歳からのハローライフ』 村上 龍

続きを読む "『55歳からのハローライフ』 村上 龍" »

『挑戦する脳』 茂木 健一郎

挑戦する脳 (集英社新書)
茂木 健一郎
集英社 (2012-07-13)

続きを読む "『挑戦する脳』 茂木 健一郎" »

あけましておめでとうございます

Nengajo_03  あけましておめでとうございます。

 2013年になりました!

 世間では不景気だっていう人が多いけど、本当にそうなのかなぁ?って思います。

 みんなが不景気だって思うのがいけないような気がします。

 こんな時だからこそ、明るい気持ちを持ち続けることこそが大事だと思うんです。

 とはいっても、無理やりそうするってことではありません。

 毎日の生活の中で幸せだなって思う事を、いつもよりちょっと大きな声で言ってみればいいと思うんです。

わぁ、いいお天気だ!

ごはんがおいしい!

  ありがとう!


 それだけで幸せな気持ちが増幅すると思うの。いかがかしら?

 無理して笑ったってしょうがないんだから、

 がんばるんじゃなく、好きなことをすることが大事だと思うの。

 好きなことをする為には、どうすればいいのかを考える毎日を過ごして行きたいと思います。

 これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ