ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『シネマ落語』 立川 志らく | トップページ | 映画 「レ・ミゼラブル」 »

『本屋さんで本当にあった心温まる物語』 川上 徹也

 最近は、書評サイトやネット書店の書評を基に本を選ぶことが増えていますが、書店での本との出会いというのは、全く別の不思議な体験なんです。本の表紙にふと目を止まったり、時には本に呼ばれたような気がすることがあったり、そういう出会いを一度してしまうと、また新しい出会いを期待して本屋さんへ行ってしまいます。

 本屋さんへやっているくる人たちに訴えかけるような展示方法を、日夜考えてらっしゃるわけですが、世の中の大半の人は年に1冊も本を読まない人なんですよね。そういう人たちに、こんなに面白い本があるんですよとご紹介するのは大変なことです。

 書店員さん達が本に付けているPOPの言葉や、おすすめコーナーの展示に引き寄せられることもあります。サイン会や、朗読会といったイベントをきっかけに読み始める本もあるでしょう。

 まずは、この本を開いてみてください。そして、どのエピソードでもいいから読んでみてください。本屋さんってステキだなって思いますよ。絶対に!

 読み聞かせのエピソードの所で紹介されていた3冊の本、「キネマの神様」「わらの人」「さがしもの」絶対に読みますよ!あんな風に紹介してくれる本屋さん、他にもないかしら (#^.^#)

1481冊目(今年6冊目)☆☆☆☆

« 『シネマ落語』 立川 志らく | トップページ | 映画 「レ・ミゼラブル」 »

日本の作家 か行」カテゴリの記事

本・書店・読書・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/56562835

この記事へのトラックバック一覧です: 『本屋さんで本当にあった心温まる物語』 川上 徹也:

« 『シネマ落語』 立川 志らく | トップページ | 映画 「レ・ミゼラブル」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ