ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« あけましておめでとうございます | トップページ | 『55歳からのハローライフ』 村上 龍 »

『挑戦する脳』 茂木 健一郎

挑戦する脳 (集英社新書)
茂木 健一郎
集英社 (2012-07-13)

 自分で設定した安全地帯の中で生きていると、新しい脅威に出会う事はありません。毎日を平穏無事に過ごせればいいと思っている限り、そこは快適な場所です。でも、そこには変化はありません。新しい出会いもありません。刺激のない生活を続けていると、そこから出ていくのが怖くなります。そして、自分の可能性を封印してしまうのです。

 そこから出ておいでよと言っても、そんな怖い事をしたくないという思いは、聞く耳を持ちません。そんな迷惑な話をしないでよという反応しか返ってきません。

 昨年は、そんな人たちに悩まされ続けた1年だったのです。

 どうして、この人は新しい事に興味が湧かないのだろう?

 どうして、あの人はもっとできる人なのに、そこまでで止めてしまうんだろう?

 そんなことばっかり考えていました。

 今年最初に読んだこの本に、こんなに勇気づけられるとは思いませんでした。

 本来、人間の脳のもっともすぐれた能力は、何が起こるかわからないという生の偶有性に適応し、そこから学ぶことである。予想できることばかりではなく、思いもかけぬことがあるからこそ、脳は学習することができる。(本文より)

 茂木先生は、それができない人にアプローチし続けるべきだとおっしゃるのですが、それには根気が必要ですね。短気なわたしにはとても難しい課題です。

 今のところは、言葉で説明するよりも態度で示すことかな?挑戦することが生きることなのだと信じて、それを楽しんで行こうと思います。

1476冊目(今年1冊目)☆☆☆☆

« あけましておめでとうございます | トップページ | 『55歳からのハローライフ』 村上 龍 »

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

新書」カテゴリの記事

心・脳・身体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/56447983

この記事へのトラックバック一覧です: 『挑戦する脳』 茂木 健一郎:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 『55歳からのハローライフ』 村上 龍 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ