ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『本屋さんで本当にあった心温まる物語』 川上 徹也 | トップページ | 『メイカーズ』 クリス・アンダーソン »

映画 「レ・ミゼラブル」

Les_miserables

 ビクトル・ユーゴーの名作レ・ミゼラブル(日本題:ああ無情)を初めて読んだのは小学生の時でした。貧しさの余り、パン1つを盗んだ罪で牢獄に繋がれたという出だしに驚き、終盤のパリの下水道を伝って逃げるというシーンは、今でも覚えています。

 とはいっても、映画でここまで具体的に辛いシーンを見ると、ジャン・バルジャンは本当に強い人だったのだと思わずにはいられませんでした。

 この映画に登場する俳優が歌もすべて歌っています。ジャン・バルジャンを演じるヒュー・ジャックマンはモチロン素晴らしいのですが、わたしはジャベールを演じたラッセル・クロウに心惹かれてしまいました。

 ジャンを追い続ける敵役の彼なのだけど、刑務所の青い制服と彼の青い目がとても合っていたし、歌が本当に素晴らしい!正しいと信じている事を貫いているのだけど、それだけでは済まされない悩みを持ってしまうジャベール!素敵でした!

 シリアスな内容なのだけど、ヘレン・ボナム=カーターとサシャ・バロン・コーエンが登場するシーンは面白かったなぁ。この2人が演じていた夫婦はずる賢いけど、間抜けで好きだなぁ。それにサーシャってティム・バートンに何となく似てると思いませんか?

 ゴールデングローブ賞は3部門受賞だそうですが、アカデミー賞もかなり取ってしまうのでしょうね。

« 『本屋さんで本当にあった心温まる物語』 川上 徹也 | トップページ | 『メイカーズ』 クリス・アンダーソン »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/56602786

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「レ・ミゼラブル」:

« 『本屋さんで本当にあった心温まる物語』 川上 徹也 | トップページ | 『メイカーズ』 クリス・アンダーソン »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ