ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『コミュニティが顧客を連れてくる』 久繁 哲之介 | トップページ | 『移民の宴』 高野 秀行 »

『なのはな』 萩尾 望都

なのはな (コミックス単行本)

 萩尾さんの作品だというだけで、何の前知識もなくページを開きました。そして、驚きました。

 2年前の原子力発電所の事故によって故郷を離れなければならなくなった人。行方不明の家族の事を探し続けている人の物語からは、その悲しみが溢れています。

 かつてはクリーンエネルギーだと誉めそやされた原子力を擬人化した作品からは、人間の身勝手な歴史を感じました。

 ここまでストレートに描いてしまう萩尾さんに感服してしまいました。

 わたしたちの将来を考える時、ここを無視しては行けません。何が起きたのか、何が起きているのか、自分たちには何ができるのか、もう一度考え直すためにも、大勢に読んでもらいたい作品です。

1490冊目(今年15冊目)☆☆☆☆

« 『コミュニティが顧客を連れてくる』 久繁 哲之介 | トップページ | 『移民の宴』 高野 秀行 »

日本の作家 は行」カテゴリの記事

コミックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/56807746

この記事へのトラックバック一覧です: 『なのはな』 萩尾 望都:

« 『コミュニティが顧客を連れてくる』 久繁 哲之介 | トップページ | 『移民の宴』 高野 秀行 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ