ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『~成功者が必ずやっている3つの秘密~ ツバメの法則』 西田 文郎 | トップページ | 『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』 福岡 伸一 »

『シーボルトの眼』 ねじめ 正一

 日本に対する異常な興味を持っていたシーボルトが選んだ絵師「川原慶賀」。写真がなかった当時、ありのままの姿を絵として残して欲しいという思いを持つシーボルトの為に、彼はとんでもない量の絵を描いたのです。

 シーボルト事件で国外退去となったシーボルトですが、その後も慶賀はシーボルトの為に絵を描き続けたのだそうです。植物、動物、風景、人物 ・・・、慶賀が描いた絵のほとんどはシーボルトの手に渡ったのです。

 そもそもシーボルト事件の発端は、シーボルトの命令で慶賀が書き写した日本地図でしたからね。慶賀も逮捕されて、かなりひどい目にあったようですが、それでも余りある恩義を感じていたのでしょうか。

 アジサイの学名オタクサは、シーボルトの妻「おたきさん」にちなんでつけられた名前なのだという話は、どうも俗説らしいですけど。日本原産のアジサイをヨーロッパに伝えたのがシーボルトであるのは間違いありませんからね。アジサイが咲く季節になると、わたしは毎年シーボルトの事を思い出します。

 慶賀さんはシーボルトに出会って画風も変わっただろうし、人生も大きく変わったのでしょうが、きっと幸せな人生だったのだと信じたいです。

1514冊目(今年39冊目)☆☆☆☆☆

« 『~成功者が必ずやっている3つの秘密~ ツバメの法則』 西田 文郎 | トップページ | 『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』 福岡 伸一 »

日本の作家 な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/57532338

この記事へのトラックバック一覧です: 『シーボルトの眼』 ねじめ 正一:

« 『~成功者が必ずやっている3つの秘密~ ツバメの法則』 西田 文郎 | トップページ | 『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』 福岡 伸一 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ