ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』 福岡 伸一 | トップページ | 『エロイカより愛をこめて35周年メモリアルブック』 青池 保子 »

『欲望のマーケティング』 山本 由樹

欲望のマーケティング (ディスカヴァー携書)
山本 由樹
ディスカヴァー・トゥエンティワン

日本人は曖昧な相対性の中で、物事を判断したがる民族だという事です。
よく言えば柔軟性がある。悪く言えば流されやすい。
よく言えば団結力がある。悪く言えば個としての判断力がない。(本文より)

 この本の著者、山本さんは「STORY」と「美ST」の編集長だった方です。女性誌といえば「ファッション」だという固定観念を崩し、外側(洋服)できれいにするよりも、内側からきれいになることに重きを置いた編集をされ、「美魔女」ブームを生み出した方です。

 何かを提案するときに、提案者が陥りがちなのは「独りよがりな考え」です。「わたしがいいと言ってるんだから、みんなもそう思うはず!」という事が良くあります。何故そんな事になってしまっているかといえば、自分は世間より一歩リードしているという間違った自己認識だったりします。

 例えば、割と最近まで40代以降の人をターゲットにした服のほとんどが「おばさん向け」でした。変な花柄、地味な色合い、そうでなければいきなりアニマル柄だったり・・・。かといって若者向けの服を着ると、無理して若作りしている感が強くなっちゃうし。ちょうどいい感じのものって、なかなか無かったんです。

 40代以降が無理せず、でもカッコ良く着られる服を企画して欲しいのにね。靴でも雑貨でも、何でもそうだけど、単にカワイイとか、流行とかではなく、大人がカッコ良く使えるものって、日本では意外に少ないんです。

私たちが考えるより、消費者はよっぽど先に行っています。だから私たちは反対に、「自分たちは遅れている」という意識を持つことが重要なのです。

反感はある時点で好意に変わる可能性がありますが、「どうでもいい」存在は、評価の場にさえ上がってきません。

 この程度でいいんじゃない?という控えめなラインで企画されたものって、結局はつまらないものになってしまうんです。ちょっと奇抜かな?やり過ぎかな?位の方が面白いし、カッコいいとわたしは思うんです。

 個人レベルでも、人がやっていることを指をくわえて見ていて、あなたはイイわねぇなんて言ってる人より、やりたいと思った事をエイっとやってしまう人の方が魅力的ですもの。

 欲しいもの、やりたいこと、好きな人・・・、欲望を持っているからこそ人間は動くことができるのだという、根源的な部分を分からない人にはマーケティングはできませんよね。

1516冊目(今年41冊目)☆☆☆☆☆

« 『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』 福岡 伸一 | トップページ | 『エロイカより愛をこめて35周年メモリアルブック』 青池 保子 »

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

ビジネス・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/57590566

この記事へのトラックバック一覧です: 『欲望のマーケティング』 山本 由樹:

« 『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』 福岡 伸一 | トップページ | 『エロイカより愛をこめて35周年メモリアルブック』 青池 保子 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ