ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『WASIMO』 宮藤官九郎 安斎肇 | トップページ | 『藝人春秋』 水道橋博士 »

『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』 橘 玲

 数年前に社会現象にまでなってしまった、「やればできる」と説く勝間和代さんと、「そんな勝間さんのような生き方は目指さない」という香山さんの論戦を覚えていますか?この本はその論戦をきっかけとして書かれた本なのです。

 この厳しい世界の中で、結婚しても、一人になっても、子供がいても、生きていこうと思うなら、他人より秀でた能力を身に付ければいいんです。それがあれば、いつでも自分らしく生きていけるのです。という考えを実践し、布教している勝間さん。その考え方に共感し、努力している人が世の中にたくさんいるのは間違いありません。

 「努力すれば報われる」という論理は美しいし、それを目指すことを非難されることもまずないでしょう。でも、現実はどうなんでしょうね?資格などの勉強を一生懸命してるけど、ゴールになかなかたどり着けない人。それどころか、やる気が3日で萎えてしまう人の方が現実には多いんです。

 更に考えてみると、3日坊主どころか、最初から目指すことなどない人がほとんどです。とりあえず仕事があればいいやと考えている人。努力したってしょうがないと考えている人たちこそが、世間の大多数なんですから。

 「他人と過去は変えられない、変えられるのは自分と未来だけ」だから、自分を変えていこう!という掛け声に乗ったはいいけれど、結局変わらない自分にため息をつくばかり。真面目な人ほど、自分の努力が足りないのだと悩んでしまったりするわけです。

 そこで、思い切って発想の転換をしたほうがいいと著者は力説しています。努力しても実にならないのは、決して自分が怠けているわけではなく、それが自分に向いていないのだと理解することが大事なのだと。

 「やってもできない」という事実を受け入れるところから、真の幸せが見つけられるのだということに気付けたら、人生はもっと楽になるはずなんです。

1522冊目(今年47冊目)☆☆☆☆☆

« 『WASIMO』 宮藤官九郎 安斎肇 | トップページ | 『藝人春秋』 水道橋博士 »

日本の作家 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/57775744

この記事へのトラックバック一覧です: 『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』 橘 玲:

« 『WASIMO』 宮藤官九郎 安斎肇 | トップページ | 『藝人春秋』 水道橋博士 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ