ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『亭主力』 天野周一 | トップページ | 『スイッチ!』 チップ・ハース ダン・ハース »

『レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか』 ヴォルフガング・ヒュアヴェーガー

レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか
ヴォルフガング・ヒュアヴェーガー
日経BP社

 レッドブルの創立者マテシッツ氏が、レッドブルを販売するに至ったアイデアが、リポビタンDの存在から生まれたというのが面白いです。日本で、栄養ドリンクの会社の社長が長者版付けに載っているのに興味を持ち、自分もやってみようと思ったというんです。

 あらゆる意味でレッドブル社は独特な考え方を持った会社です。たとえば、レッドブル社の本業は、「レッドブル・ブランド」の創出と維持管理だけで、生産ラインも輸送手段も自前では持っていません。そのかわりに、この部分は徹底的にやっています。

代理店に丸投げせずにイベントを自社開催

 X Gamesというイベントをご存知ですか?冬季オリンピックの種目にもなっているスノーボードや、フリースタイルスキーの世界大会なのですが、レッドブルなしにはここまで大きくならなかっただろうと思えるような、個性的な運営をしています。

 F1を始めとするモータースポーツ、サッカー、エアレース、気球など、エナジードリンクとしてのレッドブルのイメージを上げることに最大の努力を注いでいます。

 レッドブルの最初のイメージキャラクターは、マテシッツ氏と同じオーストリア出身のF1レーサー、ゲルハルト・ベルガーでした。

当時まだ若かった企業家(マテシッツ氏)は、初めて会ったベルガ―にこう言ったそうだ。「おれが今やっていることは絶対に成功するよ。きみが協力するならば、最後まできみがファミリーの一員であることを約束する。」この言葉をマテシッツは今も守っている。(本文より)

 ベルガーファンのわたしには、とにかくうれしいこの言葉です!!

1571冊目(今年14冊目)☆☆☆☆☆

« 『亭主力』 天野周一 | トップページ | 『スイッチ!』 チップ・ハース ダン・ハース »

海外 その他」カテゴリの記事

伝記・日記・ノンフィクション」カテゴリの記事

ビジネス・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/59173008

この記事へのトラックバック一覧です: 『レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか』 ヴォルフガング・ヒュアヴェーガー:

« 『亭主力』 天野周一 | トップページ | 『スイッチ!』 チップ・ハース ダン・ハース »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ