ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『知らないこと、できないことに価値がある』 晝馬 輝夫 | トップページ | 『スティーブ・ジョブズ(2)』 ヤマザキ マリ »

『スティーブ・ジョブズ(1)』 ヤマザキ マリ

スティーブ・ジョブズ(1) (KCデラックス)
ヤマザキ マリ
講談社 (2013-08-12)

 2011年、ウォルター・アイザックソンが「スティーブ・ジョブズがやってきたこと」をまとめた本(伝記というには、ちょっと違うような気がする)をヤマザキマリがコミックスにした、という点が実に面白いと思うのです。

 原作では1行の文章だったところを、彼女なりの解釈で膨らませたり、コミカルな表現をしたりしていて、結果としては、かなり分かりやすいものになっています。

 スティーブ・ジョブスが天才であることは、疑う事ができない事実ですが、彼は決して聖人ではありません。ハッキリ言って変人だし、わがままだし、でもスゴイ人だったのだということを、実に分かりやすく表現してくれています。

 ヤマザキマリが、これだけ自由に描くことができたのは、原作者の度量が大きかったというのも確かだと思ます。

 第1巻では2人のスティーブの出逢いが描かれています。まったく正反対の性格の持ち主である2人が、どうしてあそこまで上手くやっていけていたのか?その秘密を垣間見る事ができます。

 スティーブ・ジョブズがどんな人だったのか知りたいと思うなら、ぜひ読んでみてくださいとお奨めしたい本です。

 そして、真実は小説より奇なりということを、大いに感じて頂きたいのです。

1586冊目(今年29冊目)☆☆☆☆☆☆

« 『知らないこと、できないことに価値がある』 晝馬 輝夫 | トップページ | 『スティーブ・ジョブズ(2)』 ヤマザキ マリ »

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

コミックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/59519912

この記事へのトラックバック一覧です: 『スティーブ・ジョブズ(1)』 ヤマザキ マリ:

« 『知らないこと、できないことに価値がある』 晝馬 輝夫 | トップページ | 『スティーブ・ジョブズ(2)』 ヤマザキ マリ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ