ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『<いい子>じゃなきゃいけないの?』 香山 リカ | トップページ | 『聖☆おにいさん 10』 中村 光 »

『天切り松闇がたり 第五巻 ライムライト』 浅田 次郎

 御久し振りじゃござんせんか、天切り松のとっつぁんの話をまた聞けるなんて、ありがてぇなぁ!

 目細の親分は腕が確かなだけではなく、優しい心根を持った人だからこそ、これだけのいい子分が揃ったのでしょう。そして、メンツや体裁しか考えていないような人間は大嫌いなところも、実に爽快なのです。

仁は二人の人、義は真の道。相手の心が読めねえやつ、表裏のあるやつは、満足な挨拶もできねぇ。おっと、これも銀次親分の受け売りだがの(本文より)

 仕立て屋銀二が跡目とまで行った中抜きの名人、目細の安吉
 正面切っての押し込み強盗、人呼んで説教寅
 玄の前の女掏摸、振袖おこん
 俺に天切りの技を教えてくれた、黄不動の栄治
 そして百面相の書生常

 みなさん、いずれ劣らぬカッコよさに、またまた惚れ直しちゃったじゃないですか!

 江戸弁のセリフは、思わず声を出して読んじゃうカッコよさ!天切り松のとっつぁんの話を直に聞いてみたいなぁと、心から思ってます。

1597冊目(今年40冊目)☆☆☆☆☆

« 『<いい子>じゃなきゃいけないの?』 香山 リカ | トップページ | 『聖☆おにいさん 10』 中村 光 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『天切り松闇がたり 第五巻 ライムライト』 浅田 次郎:

« 『<いい子>じゃなきゃいけないの?』 香山 リカ | トップページ | 『聖☆おにいさん 10』 中村 光 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31