ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『聖☆おにいさん 10』 中村 光 | トップページ | 映画 「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」 »

『スポーツニュースは恐い 刷り込まれる<日本人>』 森田 浩之

 ニュース番組の中に、たいていの場合は「スポーツニュース」というコーナーが含まれています。それまでは暗いニュースばかりだったのに、ここだけは明るい話題という雰囲気で進行されることが多いですね。

 昔はわたしもスポーツニュースを楽しみにしていたクチなのですが、ここ10年くらいは、余り積極的には見なくなりました。それは何故なんだろうなぁっと考えることが良くあります。

 そして、思いついた1つ目はプロ野球の扱いです。春から秋にかけて、特別なイベントがない場合、最初に登場するのがプロ野球なのですが、何故これが最初なの?という疑問が湧いたのです。

 少なくとも水曜日と土曜日に関してはJリーグの方が試合数も多いのだし、メジャーリーグの試合もたくさんあるし、ゴルフもモータースポーツも、とにかく色んなスポーツの試合が行われているのに、どうしてプロ野球がトップコンテンツ扱いなのか?

 世界選手権やオリンピックの時には、あんなに盛り上げたのに、その後は音沙汰なしになってしまう種目がとにかく多い!

 パラリンピックに史上最多の参加者とニュースでは報じられましたけど、パラリンピックの試合の放映はホントにちょっとだけ、それもNHKだけで民放は知らんぷりなのは何故か?

 外国で活躍している選手の活躍ぶりを紹介してはいるけど、所属チームの勝敗などについては、ほぼ一言で終わってしまうのは何故か?

 こんなことを考えていたわけです。

 この本で新たに気付かされたのは、女子選手は押しなべて「ちゃん付け」で呼ばれ(柔ちゃん、Qちゃんのように)、彼女たちの夫や恩師や、周りの男性たちのバックアップがあってこその栄光なのだという評価の仕方です。

 スポーツニュースはオヤジが仕切っている世界で、女性選手たちはまだまだ新参者扱いなのです。(その割にスポーツキャスターは女性が多いのも、オヤジ目線だから?)

 ヒーローインタビューでつまらない質問しかできないことにブーイングを出すもよし、試合の中継中に同じ説明ばかりしている実況アナに疑問を感じるもよし。

 スポーツ中継やスポーツニュースが投げかけてくる情報に、疑問を持ってみることから始めようじゃないですか!

1599冊目(今年42冊目)☆☆☆☆

« 『聖☆おにいさん 10』 中村 光 | トップページ | 映画 「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」 »

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

新書」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/59752764

この記事へのトラックバック一覧です: 『スポーツニュースは恐い 刷り込まれる<日本人>』 森田 浩之:

« 『聖☆おにいさん 10』 中村 光 | トップページ | 映画 「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ