ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『「ひらめき」を生む技術』 伊藤 穰一 | トップページ | 『免疫力をあなどるな!』 矢崎 雄一郎 »

『知の逆転』

知の逆転 (NHK出版新書 395)
ジャレド・ダイアモンド ノーム・チョムスキー オリバー・サックス マービン・ミンスキー トム・レイトン ジェームズ・ワトソン
NHK出版

この本は、ジャレド・ダイアモンド(「銃・病原菌・鉄」などの著者)、 ノーム・チョムスキー(言語学者)、オリバー・サックス(脳神経科医で「レナードの朝」などの著者)、 マービン・ミンスキー(人工知能を専門とするMIT教授)、トム・レイトン(MIT教授でアカマイ・テクノロジー社設立者)、 ジェームズ・ワトソン(DNA2重らせん発見のノーベル賞受賞者)。この6人の知性へのインタビューを集めたものです。

 それぞれに素晴らしい内容なのですが、その中でもワトソン氏のこの言葉にウーンとうなってしまいました。

たとえば、あなたは今5万ドルの蓄えがあるとして、それを子供たちに残すのか、それとも自分の命をあと6か月病院で伸ばすために使うのか。わたしだったら6か月余分に生きるより、子供たちに残す方がいいと思う。(ジェームズ・ワトソン)

 自分自身のこととして考える時、これは1つの回答だなと思えるのです。ある程度の年齢になってから、無理やり延命することには意味がないなぁ、それよりも、未来を生きる人に託すことの方が大事だと思うのです。

 医学の進歩で、とにかく死なないようにする為に様々な方法を取ることが出来るようになりました。でも、それが本当に正しい事なのか?と考えると、どうも良く分からないのです。

 最近よく考えるのは、「ただ生きているだけでいいのか?」ということです。何かしらやりたいことがあって、それに向かって生きているからこそ「自分は生きているのだ」と、わたしは考えています。やりたいこともないのに、ただ生きているだけなんて、わたしは絶対にイヤなんです!

何をするにも知識や理性よりも情熱が大切である(ジェームズ・ワトソン)

 わたしは、「情熱」とは、愛であり、信じることであると思うのです。愛があるからこそ続けていける。信じているからこそ諦めない。情熱がないのに何かをするなんて、それは無理だと思うのです。それでも無理やり頑張ろうとするから、苦しくなってしまうのです。

 自分はそれをやらなければならないと分かってはいるけど、どうにも続けられないということが良くあります。そうなってしまうのは、その目標に対して情熱を見出せないからなのでしょうね。難しい課題であっても、その中に何か一つ好きな部分を見出せたら、続けていくことができるはずです。

 他人から見て「そんなこと良く続けられるね」と思われるようなことでも、自分にとって楽しいことであれば、幾らでも続けられます。というか、やめるのがイヤですよね(笑)

 好きなことを仕事にしたら辛くなるから嫌だという人がいますが、ホントにそうなんでしょうか?好きなことを突き進めるためには、嫌なこともしなければなりません。それを片づけるのが嫌だから逃げているだけなのではないでしょうか?

 逆にいえば、好きでもないことを仕事にして耐えられるのですか?最初は好きでなかったとしても、少しずつ楽しさを見つけ出せればいいのですが、そうでなかったら結局は嫌になってやめてしまうのではないでしょうか。

 こんなことを考えさせてくれたこの本に感謝です。

1643冊目(今年86冊目)☆☆☆☆☆

« 『「ひらめき」を生む技術』 伊藤 穰一 | トップページ | 『免疫力をあなどるな!』 矢崎 雄一郎 »

海外 その他」カテゴリの記事

新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/60575179

この記事へのトラックバック一覧です: 『知の逆転』 :

« 『「ひらめき」を生む技術』 伊藤 穰一 | トップページ | 『免疫力をあなどるな!』 矢崎 雄一郎 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ