ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『全盲の僕が弁護士になった理由』 大胡田 誠 | トップページ | 「Wonderfl Story」 伊坂 幸犬郎 貫井 ドッグ郎 犬崎 梢 木下 半犬 横関 犬 貫井 ドッグ郎 »

『旅者の歌 中途の王』 小路 幸也

旅者の歌 中途の王
旅者の歌 中途の王
posted with amazlet at 15.01.25
小路 幸也
幻冬舎

 リョシャの兄弟と許嫁は心は人間のまま、その姿を獣の姿に変えられてしまったのです。彼らを基の姿に戻すために、彼らは旅に出ました。知らない土地で様々な困難に出会いながらも、目的の地を目指して彼らは進み続けていきます。

 この作品は、最初は電子書籍用に書き下ろされたものを単行本化したものです。内容に関しては、これまでに読んできた小路さんの作品とは全く違う感じのファンタジーでした。敵と戦うシーンもあるのですが、割とサラッとした感じだなと感じました。

 「ただし、変化するためには、強い意志と、しっかりと自分の姿を思い浮かべることが大事です。それが上手くいかないと変化はしませんが」(本文より)

 この本の中で一番気に入ったセリフはこれです。自分の力だどれだけのものなのか、それを一番理解していないのは本人なのだということを、この言葉を発した人が教えてくれたのです。

 一応悪者は出てきますが、嫌な奴って感じが薄いんです。やっぱり小路さんが描く人はみんないい人なのかな?

この本は 書評サイト 「本が好き!」 より提供して頂きました。どうもありがとうございました。

1656冊目(今年3冊目)☆☆☆☆

トラックバック先
風竜胆の書評

« 『全盲の僕が弁護士になった理由』 大胡田 誠 | トップページ | 「Wonderfl Story」 伊坂 幸犬郎 貫井 ドッグ郎 犬崎 梢 木下 半犬 横関 犬 貫井 ドッグ郎 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

本が好き!・Review Plus」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよね。出てくる人が、みんな言い人過ぎてw
それにしても、女子にカポックという名前は、ちょとふさわしくないような気がしますww

風竜胆さん☆こんばんは
ジュニア向きファンタジーなのでしょうかね?
悪役の印象が薄いなぁって気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/61015397

この記事へのトラックバック一覧です: 『旅者の歌 中途の王』 小路 幸也:

» 旅者の歌 中途の王 [風竜胆の書評]
 東京バンドワゴンの作者が描くハイファンタジー、「旅者の歌 中途の王」(幻冬舎)。この物語の主人公ニィマール(リョシャ)は、シィフルの地で、「話者」を目指していた。 ... [続きを読む]

« 『全盲の僕が弁護士になった理由』 大胡田 誠 | トップページ | 「Wonderfl Story」 伊坂 幸犬郎 貫井 ドッグ郎 犬崎 梢 木下 半犬 横関 犬 貫井 ドッグ郎 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ