ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『りんごかもしれない』 ヨシタケ シンスケ | トップページ | 『ヒップな生活革命』 佐久間 裕美子 »

『なぜ年収3000万円の男はセンスにこだわるのか?』 臼井 由妃

 「年収3000万円の男」って、エクゼクティブって意味なのでしょうか?会社員という範囲で考えればかなりな額ですが、決して大金持ちではありませんよね。普通の人よりワンランク上の成功を収めるには?という感覚で、わたしはこの本を読んでみました。

 この本の中で気に入ったセンテンスは、こんなところです。

  • 話の長さと年収は反比例する。
  • 一流の男は「が」を使い、二流の男は「で」を使う。
  • 食事をする時は姿勢を正し、歩く時には背筋を伸ばす。
  • 食わず嫌いは視野を狭め、人付き合いを狭める。

 成功している人はセンスにこだわる。という趣旨のこの本ですが、この本の中で語られているのは、決してセンスの問題ではないと感じました。大事なのは「当たり前のことをちゃんとする」ということなのだと思います。

 社会人として、大人として、このくらいのことを分かってなきゃダメだよねと思うのですが、それをまとめて本にできるくらい、日本には大人がいないのかと残念な気持ちになったのでした。

R+(Reviewplus) さんからこの本を提供していただきました、ありがとうございます。

1661冊目(今年8冊目)☆☆☆☆☆

トラックバック先
風竜胆の書評

« 『りんごかもしれない』 ヨシタケ シンスケ | トップページ | 『ヒップな生活革命』 佐久間 裕美子 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

本が好き!・Review Plus」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/61157642

この記事へのトラックバック一覧です: 『なぜ年収3000万円の男はセンスにこだわるのか?』 臼井 由妃:

» なぜ年収3000万円の男はセンスにこだわるのか? [風竜胆の書評]
 著者が、800人以上もの、年収3000万円以上のエグゼクティブと交流した結果導いた「秘密の法則」と銘打った、「なぜ年収3000万円の男はセンスにこだわるのか?」(臼井由妃:かん ... [続きを読む]

« 『りんごかもしれない』 ヨシタケ シンスケ | トップページ | 『ヒップな生活革命』 佐久間 裕美子 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ