ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『Advanced Style』 アリ・セス・コーエン | トップページ | 『きのう何食べた? 10 』 よしなが ふみ »

『世界一ふざけた夢の叶え方』 ひすいこたろう 菅野一勢 柳田厚志

世界一ふざけた夢の叶え方
ひすい こたろう 菅野 一勢 柳田 厚志
フォレスト出版
  • 赤面症サラリーマン ⇒ ベストセラー作家
  • プータロー ⇒ 100億円企業のオーナー
  • ペーペー社員 ⇒ ネット界の仕掛け人&フリーサーファー

 この3人は、それぞれが1人で働いているいるころは、パッとしないサラリーマンorプータロ―でした。夢は持っていたけど、それをどうやったら実現できるのかが分からず、無駄にジタバタしたり、まるで身動きできなくなっていたりしていたのです。

 そんなうだつの上がらない3人が巡り合い、毎月1回夢を語り合っていたのです。

 その内に、1人がチョット上手く行き出します。すると、それを見ていた後の2人が、「あれ、自分もできるんじゃないか?」「ここで追いついておかないと、置いてけぼりになるぞ!」なんて思ったんです。そして、気が付けば3人とも成功していたんです。

 この3人が素晴らしいのは、誰かがアクションを起こした時に、「それいいよ!」と必ず褒めてくれるんです。そして、自分も頑張らなきゃ!というモチベーションにしてしまう所が素晴らしいんです。

 誰かが夢を語っても、「そんなの無理!」という人が世の中には多いんです。そして、その言葉に潰されてしまう人がほとんどです。でもね、よーく考えてみると、「無理」と言った人はそんなことをやったことがないんですよ。やってみてダメだったんじゃなく、やる前から無理だと決めつけている、そんな意見は聞かない方がいいんです。

 どんな突拍子もない夢であっても、「それ面白いよね!」「それって世界初じゃない?」と言ってくれる仲間や家族が側にいることこそが大事なんです!

 この本のタイトルでは「ふざけた」って言ってますけど、これこそが成功の秘訣なんだとわたしは思います。

1684冊目(今年31冊目)☆☆☆☆☆

« 『Advanced Style』 アリ・セス・コーエン | トップページ | 『きのう何食べた? 10 』 よしなが ふみ »

日本の作家 か行」カテゴリの記事

日本の作家 は行」カテゴリの記事

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

ビジネス・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/61764386

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界一ふざけた夢の叶え方』 ひすいこたろう 菅野一勢 柳田厚志:

« 『Advanced Style』 アリ・セス・コーエン | トップページ | 『きのう何食べた? 10 』 よしなが ふみ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ