ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『コーヒーゼリーの時間』 木村 衣有子 | トップページ | 『現代という時代の気質』 エリック ホッファー »

『必要十分生活』 たっく

 モノが溢れかえっている今、いらないモノを捨てる「断捨離」をやってみたいと思っている人は大勢いると思いますが、実行できている人はなかなかいないんですよね。

 この本の著者たっくさんは、少ないモノで生活していくことの心地よさを、分かりやすい言葉で語っています。

 たとえば、ペン立てに入りきらないほどのペンを持っていても、いつも使うのは同じなのだから、お気に入りの1本だけを所有すればいいじゃないかという指摘は、確かにそうだよなぁという気持ちにさせてくれます。

 そして、風呂上がりにはバスタオルを使うというような固定観念が、余計なものを増やす要因なのだという指摘も嬉しかったです。

 不要なモノによって身も心も縛られてしまっていることに気付くことができれば、家の中から不要なモノはドンドン無くなっていくのでしょう。逆にいえば、その点に気付かずに片付けだけしても意味がないということなのかもしれません。

1710冊目(今年57冊目)☆☆☆☆☆

« 『コーヒーゼリーの時間』 木村 衣有子 | トップページ | 『現代という時代の気質』 エリック ホッファー »

日本の作家 た行」カテゴリの記事

食物・喫茶・暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/62588238

この記事へのトラックバック一覧です: 『必要十分生活』 たっく:

« 『コーヒーゼリーの時間』 木村 衣有子 | トップページ | 『現代という時代の気質』 エリック ホッファー »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ