ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『崑ちゃん』 大村 崑 | トップページ | 『世界の不思議な図書館』 »

『火星に住むつもりかい?』 伊坂幸太郎

火星に住むつもりかい?

伊坂 幸太郎

 この小説の舞台は仙台ですが、わたしたちが知っているのとは違うパラレルワールドなのです。「犯罪を減らすため」という理由で創設された「平和警察」があって、住人が相互に監視し、密告する。危険人物とされた人間はギロチンにかけられるという怖い世界です。

 この設定って、中国の文化大革命の時に作られたシステムとそっくりですよね。この物語の中では「魔女狩り」と呼ばれている密告システムで、いったん捕まってしまった人は自白を強要されて、うその自白をして死刑になるか、拷問で死ぬか、どちらにしても捕まったら最後なのです。

 この世界では、あらゆるところにビデオカメラが設置されています。事件の解決のためといって設置されていますけど、それだって都合が悪ければ消されてしまいます。

 こんな世界に住んでなくてよかったと思いつつも、よく考えてみれば現在の日本にだって似たようなことが存在しています。誰かの嘘をもみ消すために犠牲になる人がいたり、事故のフリをして証拠を隠滅してしまったりしています。

 豊洲市場が当初の計画とはかなり違うものになってしまったのだって、誰が責任者だったのか分からないって言ってますよね。そんなことあり得ないはずなのにね!

 わたしたちの生きている社会がこの小説で描かれているような変な方向へ向かっているのは間違いありません。そっちの方へ暴走しそうになった時に、黒つなぎの男のような正義の味方は現れてくれるのでしょうか?

1266冊目(今年40冊目)☆☆☆☆☆

« 『崑ちゃん』 大村 崑 | トップページ | 『世界の不思議な図書館』 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/64341935

この記事へのトラックバック一覧です: 『火星に住むつもりかい?』 伊坂幸太郎:

« 『崑ちゃん』 大村 崑 | トップページ | 『世界の不思議な図書館』 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ